「富豪に仕える」アリゼ・デルピエール著 ダコスタ吉村花子訳

公開日: 更新日:

「富豪に仕える」アリゼ・デルピエール著 ダコスタ吉村花子訳

 日本では昔のドラマなどに登場した「使用人」は、欧米のある階層の人たちにとっては、今でも当たり前の存在だという。本書は、社会学者の著者がフランスにおいて多数のフルタイムで働く使用人と、その雇用主である富豪たちへのインタビューを通し、労働問題を学術的に掘り下げたルポだ。

 13歳のときにパリにやってきたマリ出身のファトゥーは、レジ係を辞めフランス大貴族の流れをくむ一家で勤めるようになった。給料は悪くなく、時には雇用主からシルクのスカーフなどのプレゼントもある。住み込みなので一日中気の休まる間はなく自由時間もないが、使用人職を求める人の多くは、ファトゥーのようにさまざまな特典を得られる富豪のもとで働くことを望むという。

 使用人のほとんどが女性であり、移民である。人種的ステレオタイプで判断され、名前を雇用主好みに変えられることもあるが「従順を演じる」と割り切る人は多い。

 一方、雇用主側にも苦労がないわけではない。富豪の仲間入りをするために使用人を雇うニューリッチや、使用人のいる生活に慣れず落ち着かないと心情を吐露する者もいる。

 親密さと搾取が同居する知られざる使用人の世界に驚くこと間違いなしだ。

(新評論 2420円)


【連載】木曜日は夜ふかし本

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで