「口述筆記する文学」田村美由紀著

公開日: 更新日:

「口述筆記する文学」田村美由紀著

 滝沢馬琴は「南総里見八犬伝」を執筆途中で視力を失い、長男の嫁・路が口述筆記をして書き継がれ完成させたことはよく知られている。偏屈な舅相手に慣れない文字を書いていく路の奮闘ぶりは芝居や小説に描かれている。本書は日本の近現代文学を対象に、口述筆記を行った作家の創作実践や口述筆記を枠組みとする作品を取り上げ、筆記者の多くが女性であることから、書く行為が代行されることとジェンダーポリティクスの関係も論じている。

 最初に取り上げるのは谷崎潤一郎の「瘋癲老人日記」。晩年の谷崎は右手が不自由になったため、1958年以降ほぼ全面的に口述筆記に切り替えた。筆記を担ったのは京大の国文学研究室に勤めていた伊吹和子。谷崎はそれ以前にも複数の女性秘書を雇い、セクシュアルな役割も含めて自らの創作の糧としていた。

瘋癲老人日記」は性的不能者の性生活をめぐる物語だから、口述者である谷崎が、筆記者に性的まなざしを向けていたことは予想される。一方の伊吹は、谷崎の筆記者としての経験を本に著しており、そこから〈書かせる〉〈書かされる〉双方の意識の違いが浮き彫りにされていく。

 また、〈書かせる〉〈書かされる〉という関係から逸脱しているのが「目まいのする散歩」で夫・泰淳の口述筆記をした武田百合子だ。卓越した書き手であった妻の才能を認めていた泰淳は、口述筆記を通して百合子との協働的な作品を作り上げた。そこには病に倒れた夫への〈ケア〉の意味合いも含まれ、その典型が、兄の上林暁と口述筆記を行った妹の徳廣睦子の関係だ。家族のケアによって口述筆記が成り立つということは、馬琴・路にも当てはまる。

 そのほか、大江健三郎、多和田葉子、桐野夏生の口述筆記を扱った作品にも言及し、口述筆記という文学の在り方、書くという行為の意味について多面的に光を当てている。 <狸>

(名古屋大学出版会 6380円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ドジャース大谷の結婚電撃発表にスポンサーもビックリ!「事前に聞いておりませんでしたので…」

    ドジャース大谷の結婚電撃発表にスポンサーもビックリ!「事前に聞いておりませんでしたので…」

  2. 2
    資産家未亡人が米医大に1500億円の寄付! 史上最大級、全学生の授業料がゼロに

    資産家未亡人が米医大に1500億円の寄付! 史上最大級、全学生の授業料がゼロに

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

  5. 5
    元プラマイ岩橋良昌vs真木よう子の「エアガン」論争 カギを握る宮川大輔が沈黙を貫く意味深

    元プラマイ岩橋良昌vs真木よう子の「エアガン」論争 カギを握る宮川大輔が沈黙を貫く意味深

  1. 6
    千葉で4日間に17回、熊本に能登半島…群発地震が巨大地震に繋がる可能性は?

    千葉で4日間に17回、熊本に能登半島…群発地震が巨大地震に繋がる可能性は?

  2. 7
    カラオケBOX→自ら「パパ活部屋」と呼ぶ1室で少女2人と…72歳歯科医師の衰えぬ精力

    カラオケBOX→自ら「パパ活部屋」と呼ぶ1室で少女2人と…72歳歯科医師の衰えぬ精力

  3. 8
    ドジャース大谷翔平が明かした遠距離「超スピード婚」…出会いから交際、婚約、入籍まで

    ドジャース大谷翔平が明かした遠距離「超スピード婚」…出会いから交際、婚約、入籍まで

  4. 9
    阿部サダヲ&クドカン「ふてほど」で見せつけているのは“ドラマのTBS”の底力

    阿部サダヲ&クドカン「ふてほど」で見せつけているのは“ドラマのTBS”の底力

  5. 10
    フジ「すぽると!」復活で“女子アナ王国”再興なるか 佐久間みなみアナと松崎涼佳アナの2枚看板に期待大

    フジ「すぽると!」復活で“女子アナ王国”再興なるか 佐久間みなみアナと松崎涼佳アナの2枚看板に期待大