「数学者たちの黒板」ジェシカ・ワイン著 徳田功訳

公開日: 更新日:

「数学者たちの黒板」ジェシカ・ワイン著 徳田功訳

 テレビドラマの「ガリレオ」で、福山雅治演じる物理学者・湯川学が事件を解明するときに黒板に数式を書きなぐるシーンがある。デジタル技術が発達した現在、黒板はアナログの代表のような存在だが、今でも多くの数学者たちは黒板とチョークを愛用し自らの研究の重要な道具としているという。本書は、フィールズ賞受賞者を含む109人の数学者の板書の写真と、それぞれの数学者のエッセーを収めたユニークな写真集だ。

 板上に白と黒の丸だけ書かれた極めてシンプルなもの、何色かを使って「色つきの頂点モデル」を図示したもの、消し跡の生々しい共同研究における議論の整合性を示した図、50年間未解決だった問題を解くための3年間の激しい冒険を示したもの、パラメーターの無次元空間の漫画、平らな形状を用いて曲面を表す方法、変わったものでは、中国の古典「詩経」の一節が漢字で書かれているものまである。

 書かれている数式については短いコメントしか書かれておらず、門外漢には難解だが、数学者たちの黒板への偏愛は伝わってくる。「黒板は数学者にとって宝の地図だ」「黒板を使えば、どのような心象でも表現できる」「黒板は共同研究のための素晴らしいツールだ」「黒板は活発な空間で、いつでも変化可能であり、どんな考えを伝えることも厭わない」「黒板は、数学について考え、伝達するための比類なきテクノロジーだ」……。

 なぜ黒板かといえば、黒板に書くとき、チョークの感触や音、においなどその人の五感が総動員され、観測、熟考する速度と歩調を合わせることができるからだ。チョークについては、こぞって日本製の羽衣チョークを推奨している。「地球上から黒板がなくなるまで、誰もが日本製のチョークを常に持ち歩くべきだ」と。100年後も数学者が黒板とチョークを使っているのを想像すると、ちょっと楽しい。  <狸>

(草思社 3850円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  2. 2
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  1. 6
    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

  2. 7
    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  5. 10
    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」

    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」