「狙撃手の祈り」城山真一著

公開日: 更新日:

「狙撃手の祈り」城山真一著

 青井圭一は、親代わりに自分を育ててくれた叔父から受け継いだ楽器店の店主。昨年亡くなった叔父が営んでいた楽器店の上階にある自宅に、取材をきっかけに結婚したフリーライターの妻・沙月と一緒に住んでいる。

 そんなある日、圭一は沙月から離婚届を渡される。1週間取材旅行に行くので帰ってくるまでに答えを出してほしいというのだ。突然のことに驚いた圭一だったが、その後「帰ったら許してくれる?」という電話があったきり、沙月は姿を消してしまった。

 焦った圭一が、彼女の居所を見つけたくて沙月の部屋に入ったところ、28年前に起きた警察庁長官狙撃事件について彼女が調べていたことを知り、さらに叔父の遺品が入っている段ボールの中から銃弾を発見する。事件と叔父の間に何か関係があり、それを彼女が調べていたのではないか。圭一はそんな思いに駆られて、警察に足を運ぶのだが……。

 実際に起きた警察庁長官狙撃事件を下敷きに、未解決事件の真相に迫るサスペンスミステリー。妻の失踪を契機に、隠されていた真実が明らかになっていく過程がスリリングに描かれている。

(文藝春秋 1870円)

【連載】木曜日は夜ふかし本

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  2. 2
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  1. 6
    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

  2. 7
    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  5. 10
    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」

    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」