本橋信宏(ノンフィクション作家)

公開日: 更新日:

11月×日 「エンドロール! 末期がんになった叶井俊太郎と、文化人15人の“余命半年”論」(サイゾー 1650円)を読む。

 対談ホスト役の叶井俊太郎は異色映画の宣伝プロデューサーとして有名な人物。その一方で体験人数600人、結婚4回(現在の夫人は漫画家・倉田真由美)というドン・ファンである。

 膵臓癌で余命半年を告知された叶井俊太郎はそれを口実に対談相手を引っ張り出す。この対談集は呼ばれた側の死生観が問われる書でもある。

 鈴木敏夫スタジオジブリ代表取締役議長。

<鈴木 ……叶井俊太郎の場合はね、これはもう、この人の生き方だから。だって遺作が『プー あくまのくまさん』だよ。これはないよねえ。

叶井 普通はないですね。

鈴木 それは死に対する冒涜でしょう。それを最期まで貫くのは叶井俊太郎らしいよね。僕なんかできないもん。もっと立派な作品を、って思っちゃう>

 死はあらゆるものを等価にしてしまう。叶井俊太郎、11月22日現在健在。

11月×日 女性関係の派手な男の癌闘病記というともう1人、AV男優を想起する。

 沢木和也著「伝説のAV男優 沢木和也の『終活』癌で良かった」(荒井禎雄取材 彩図社 1430円)。

 食道がん・下咽頭がんで余命半年を宣告された沢木は色黒に白い歯、茶髪、ザ・AV男優だった。

「恋愛はしない。ただやりたいだけ」とうそぶく沢木は一人息子が高校進学して野球を続けられるように、からみ抜きでできる仕事をやる。

 X(ツイッター)が唯一の生存確認手段になる。死の5日前、「もう無理」と最期のツイート。54歳没。

 泣き言を一切言わなかった。快楽主義者は死を達観できるのか。

11月×日 山本文緒著「無人島のふたり」(新潮社 1650円)を読む。

 膵臓癌を告知された直木賞作家は、死の9日前まで文章をつづった。

<明日また書けましたら、明日>

 ひたむきな生命力は今なお、脈動している。

【連載】週間読書日記

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  2. 2
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  5. 5
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  1. 6
    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

    伊藤英明と松本人志はSNSで“自爆”…売られた喧嘩を買う「大人げなさ」のリスクと対処法

  2. 7
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

    松本人志の性的トラブルめぐりマリエに同情集まる…3年前の告発と《やり口が一緒》の指摘も

  5. 10
    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走

    TBS「サンモニ」絶好調!それでも関口宏を降板させる? 報道ワイド視聴率で首位快走