「シェルフ・ライフ」ナディア・ワーセフ著 後藤絵美訳

公開日: 更新日:

「シェルフ・ライフ」ナディア・ワーセフ著 後藤絵美訳

 カイロの西、ナイル川の中州の街ザマーレクに、「ディーワーン」という書店がある。2003年に3人の女性が創業したこの店は、カイロでは見たことがないモダンな書店だった。

 これは革新的な出来事だった。男性優位のアラブ社会で女性が起業したというだけでなく、読書の自由を堂々と主張したからだ。当時のエジプトでは、文化的発信物が政府によって管理され、書店も文学も瀕死の状態にあった。

 だからこそ自分たちで理想の書店をつくろう。不可能と思われた夢を実現した3人の共同経営者は、ナディア・ワーセフ、姉のヒンド、そして年上の友人ニハール。3人は慣れないビジネスの世界で労苦をわかちあい、差別や偏見と闘った。本作はその一部始終をナディアが記録した自伝的ノンフィクション。「この本は私からディーワーンに宛てたラブレターだ」とナディアは書いている。

 創業から8年後、ナディアが37歳のとき、ディーワーンは10店舗に増え、150人の従業員を抱えていた。私生活では2度の離婚を経験し、2人の娘を育てていた。ナディアは英語教育を受けた知的で行動的なフェミニスト。ディーワーンは自由と自立の拠点であり、祖国エジプトを深く知るための学びの場でもあった。

 ディーワーンには居心地のいいカフェがある。周りの壁を埋める棚は「エジプト・エッセンシャルズ」「料理」「ビジネスとマネジメント」「妊娠と子育て」「古典」などのセクションに分かれ、アラビア語、英語、フランス語、ドイツ語の本が並ぶ。本が世界を、過去と未来をつないでいる。ナディアは棚をめぐりながら、本のエピソード、客や仲間とのやりとり、喜怒哀楽の思い出を語る。こだわりのある書店の一隅から、リアルなエジプトが見えてくる。

(ジー・ビー 2970円)

【連載】ノンフィクションが面白い

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

  2. 2
    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

  3. 3
    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

  4. 4
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  5. 5
    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

  1. 6
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  2. 7
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 8
    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

  4. 9
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  5. 10
    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ

    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ