「とある家族の物語」田中耕三郎写真・日記、田中成人編著

公開日: 更新日:

「とある家族の物語」田中耕三郎写真・日記、田中成人編著

 昭和39年1月15日、兵庫県西脇市に暮らす田中耕三郎・八重子夫妻に第2子が誕生。成人の日(当時)に生まれたことから成人と名付け、耕三郎氏はその成長を日々、写真に収めてきた。

 本書は、その兄弟を中心にした田中家の記録。

 両親亡きあと、実家に大量に残されていたアルバムの写真一枚一枚をデジタルカラー化し、「昭和の家族」と題して投稿している成人氏のSNSの書籍化だ。

 写真は、出生19日目、一家そろっての記念写真から始まる。誕生満1カ月には、母親に抱かれ、おっぱいを飲み、満足して、眠りについたところまで一連の写真が並ぶ。布団にくるまれて静かに眠る姿を真上から撮ろうとしたところ、なかなかピントが合わず、息子が起きてしまわないかとヒヤヒヤしながら撮影。おまけに階下では昼食の準備が整っており、なかなか下りてこない夫に業を煮やした妻から「長いこと何をしているんか」とぼやかれたと当時の夫婦のやりとりも書き残されている。

 写真には写っていない家族の情景までが目に浮かんでくる。

 以降、初めての寝返りや初めての離乳食、初めての一人立ちなど、その成長を慈しむように日々のスナップが並ぶ。

 クリスマスイブには、こたつの上のクリスマスケーキにお父さんがナイフを入れる瞬間が、そしてお正月には両親ともに和服姿で、ちょうどお父さんがこたつの上に祝い膳を運んできた瞬間が撮影されている。

 あれ? では、この写真は誰が撮ったのだろうかと思ったら、三脚を立て、セルフタイマーで撮影していたそうだ。

 となると、耕三郎氏は、クリスマスケーキにナイフを入れたり、祝い膳のお盆をこたつに運ぶ様子をシャッターが下りるタイミングに合わせ、「演技」していたことになる。

 そう思いいたると、家族の歴史を残そうという氏の並々ならぬ情熱がひしひしと伝わってくる。

 その情熱は、アルバムづくりにも注がれる。残された200冊を超えるアルバムには、写真とともにメモや日記、買ったモノの値段などが丁寧に書き込まれ、新聞の切り抜きなども貼られていたという。時には休日を丸1日アルバムづくりに費やすこともあったと日記にも記されている。

 母と子、兄弟、それぞれの日常とともに、家族旅行や海水浴、近所へのハイキングなど、その背景に写る室内や日用品、洋服、そして街中の商店や車など、60年近く前の昭和の日本の日常に懐かしさを覚える人もいることだろう。

 昭和42年、成長した成人氏が幼稚園の通園バスに乗り込む写真で本書は終わる。

 物心がついてから、家庭があまり居心地がいいものと感じられなくなっていた成人氏は、アルバムを改めて見て「記憶にはなかったが写真の中にはまさに自分の理想とする家族の姿」があり、涙が流れたという。

 読後、誰もが両親のことを、そして子育てを終えた世代はあの大変だったけど幸せな時間を思い出すことだろう。

(トゥーヴァージンズ 2420円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

  2. 2
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

  3. 3
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

  1. 6
    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

  2. 7
    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

  3. 8
    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮

    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮