「美術泥棒」マイケル・フィンケル著 古屋美登里訳

公開日: 更新日:

「美術泥棒」マイケル・フィンケル著 古屋美登里訳

 お洒落な服装の若いカップルが来館者に紛れ込み、警備員がいなくなるわずかな隙を狙って素早くお目当ての美術品を盗み出す。職人技の道具は1本のスイス・アーミー・ナイフ。

 男の名はステファヌ・ブライトヴィーザー、見張り役を引き受けている恋人はアンヌ=カトリーヌ。フランスのアルザスに住む2人は、スイスやドイツ、オランダに車で出かけては、地方の美術館やオークション会場から絵画、彫刻、古い生活用品を盗み出す。それをコートの裏やバッグの中に隠すと、決して慌てず、静かに立ち去る。盗んだ美術品を金に換えたことはない。男の実家の屋根裏部屋に展示する。

 このユニークな美術泥棒を追ったノンフィクションの作者はアメリカのジャーナリスト。ブライトヴィーザー本人をはじめ、関係者や心理学者、美術捜査官らに取材して、手口や心理、美術窃盗の現実を詳細に描いている。

「芸術はぼくの麻薬なんだ」とブライトヴィーザーは言う。彼の心を揺さぶるのは主に16、17世紀の北ヨーロッパでつくられた美術品。有名な作家である必要はない。美術館から作品を解放するという身勝手な言い分で、盗みを続けている。

 警察にはつかまらないという根拠のない自信を持っていたが1997年、25歳のとき、大胆な犯行が画廊の職員に見つかり、最初の逮捕。息子に寛大な母のおかげで釈放されたが、4年後、2度目の逮捕。そのとき、秘密の屋根裏部屋には250点、総額3000億円ともいわれる美術品コレクションがあった。だが、ブライトヴィーザーが青春をかけて盗んだ美術品群には、悲惨な末路が待っていた……。

 彼の常軌を逸した行動は、激し過ぎる美への憧憬と表裏一体。犯罪者への安易な共感はいましめるとしても、よくできた泥棒映画のように面白い。

(亜紀書房 2860円)

【連載】ノンフィクションが面白い

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

  2. 2
    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

  3. 3
    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

  4. 4
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  5. 5
    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

  1. 6
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  2. 7
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 8
    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

  4. 9
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  5. 10
    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ

    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ