「ヒトラーの馬を奪還せよ」アルテュール・ブラント著 安原和見訳

公開日: 更新日:

「ヒトラーの馬を奪還せよ」アルテュール・ブラント著 安原和見訳

 著者は自他共に認める有名な美術品探偵で、これまでも数々の美術品の盗難事件や贋作事件を解決したことで知られている。本書は、そんな著者が戦火で失われたはずの「ヒトラーの馬」の噂を聞き、発見するまでを克明につづったノンフィクション。「ヒトラーの馬」とは、総統官邸前に鎮座していた高さ3メートルを超える2頭のブロンズの馬だ。

 2014年、ブラントは美術品のブラックマーケットで密かに「ヒトラーの馬」が売り出されたことを知る。しかもカラー写真付きだ。売り手が誰であるか秘匿されたこの件を、ブラントは事務所の同僚2人と共に調べ始めたところ、この像の作者が4つのミニチュアを作り、ナチス高官に贈呈していたことが判明。ブラントらは、このミニチュアを基に贋作が作られたのではと推理し、実際、一対のミニチュアのありかも発見する。

 そんな中、ブラントはベルリンの図書館で、ある報告書の写真から売り出しの馬は本物であると確信する──。

 調査の過程で描かれる美術品の窃盗やそれを扱うブラックマーケット、表沙汰になることのないナチス絡みの団体の存在など興味は尽きない。馬を発見するまでのスリリングな攻防はまるでスパイ小説の趣で、一気読み必至だ。

(筑摩書房 2640円)

【連載】木曜日は夜ふかし本

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道