「あべとしゆき水彩画集」あべとしゆき著

公開日: 更新日:

「あべとしゆき水彩画集」あべとしゆき著

 人気水彩画家が自選した風景画192点を収録した作品集。

 どこかの山道で出合った風景だろうか、それとも里山の片隅か。深い山並みが控えていることを感じさせる背景に、画面いっぱいに大きな巨石が描かれた「時の光」と題された作品。よく見ると、巨石の周辺もすべて岩で、一帯は岩盤で、その岩のあちらこちらのわずかなすき間から、さまざまな草や樹木などが旺盛な生命力で陣地を広げようとしているさまが描かれている。

 大きな岩に覆いかぶさるように枝を伸ばす樹木の葉と春の陽光が、硬い岩の表面に柔らかな影の揺らめきをつくり出し、季節を感じさせる。

 対照的に、「MINAMO」(表紙)と題された作品は、池か湖と思われる水辺の風景。ただ周囲の風景は一切描かれず、タイトル通りただ水面を描き切る。ただし、水鏡となったその水面には、周囲の木立や空、雲が映り込んでおり、さらにスポットライトのように光が差し込む箇所では、水底に沈み込んだ枯れ葉や枝、そこにうっすらと積もった土がその感触まで伝わるかのように描かれているのだ。

「雨上がりの光」と題された作品も、落ち葉に彩られた地面に降雨がつくり出した水たまりを描く。その水たまりにも秋を迎え、冬支度を始めた周囲の高い木々が映り込む。

 どこかのお宅のナチュラルガーデンの片隅にひっくり返して並べられた陶器の水がめに照りつける陽光によって浮かび上がる草花や樹木の影などを描いた「光と風の庭」など、その画風は透明感に満ち、その場の空気感が伝わってくるほどリアルだ。

 かといって、流行の超細密な写真のような写実絵画とも異なり、画風はあくまでも優しく、見る者の心に春の日のような温かさとさわやかな風を生み出す。

 ほかにも、見上げた青い空を背景に、陽光によって透けるように美しく白く輝く花や緑の葉を描いた「花みずき」や丹精込めてつくられたバラのアーチ「白薔薇の窓辺」、「クレマチス」など、さまざまな花が咲く春の情景を集めた章にはじまり、川辺や滝などの水辺の風景や、雑草が生い茂り、どこからか旺盛なセミの声が聞こえてきそうな森や林などの風景を描く夏の章、そして秋、冬へと季節ごとのさまざまな風景画を収録。

 巻末に添えられた100問100答の中で、著者は「絵の中に自分なりのストーリーを込め」ながら描いているという。それは風景の中から感じる「自然や生命などと深い関係性」のことだと。

 その言葉通り、神社の神木の前で見かけたネコ以外、作品には人間はおろか動物さえ描かれていないのだが、一つ一つの作品は生命力にあふれている。

 それは植物の持つ生命力なのか、大地の息吹なのか。普段のせわしい日常では感じることがない、そんな風景から立ち上がる生命力が見る者の心をすがすがしい気持ちにさせてくれる。

(芸術新聞社 3300円)


最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

    センバツ人気低迷の真犯人!「スタンドガラガラ」なのは低反発バット導入のせいじゃない

  2. 2
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

  3. 3
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

    夏の甲子園「朝夕2部制」導入の裏で…関係者が「京セラドーム併用」を絶対に避けたい理由

  1. 6
    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

    井上真央ようやくかなった松本潤への“結婚お断り”宣言 これまで否定できなかった苦しい胸中

  2. 7
    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

    マイナ保険証“洗脳計画”GWに政府ゴリ押し 厚労相「利用率にかかわらず廃止」発言は大炎上

  3. 8
    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

  4. 9
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 10
    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮

    大谷は口座を3年放置のだらしなさ…悲劇を招いた「野球さえ上手ければ尊敬される」風潮