井上理津子
著者のコラム一覧
井上理津子ノンフィクションライター

1955年、奈良県生まれ。「さいごの色街 飛田」「葬送の仕事師たち」といった性や死がテーマのノンフィクションのほか、日刊ゲンダイ連載から「すごい古書店 変な図書館」も。近著に「絶滅危惧個人商店」「師弟百景」。

喜多の園(京都市左京区)千駄木から京都・哲学の道、そして京大前に移転

公開日: 更新日:

 3度目の訪問だ。といっても、1度目は東京・千駄木にあった店へ2016年に。その後、「次は憧れの京都に出店します」と、いったん地元長野へお戻りになった後、マジで京都・哲学の道沿いに開店されたのが21年。2度目はそこへ。哲学の道は春と秋以外静かすぎたため、今年、2キロほど離れた京大正門近くへ移転。

「お久しぶりです」と迎えてくれた小笠原康博さん(64)は、変わらず自由人然としている。実は、嘉永6年創業の長野の茶舗の6代目。本好き・文学好きが高じて、茶舗を従業員に任せ、東京へ京都へ。自分が購入してきた数多の本を売る古本屋だ。

 名刺に「遅れてきた文学青年たちの店」とキャッチフレーズ。はは~ん、大江健三郎だ、と誰だって気づく。「小学校後半から中学は太宰治、中学後半から高校は大江健三郎、高校後半から大学は吉本隆明」が、いわく「精神的支柱」だったという小笠原さん。推定約7坪の店内に、1冊ずつパラフィン紙に包んだ、その3人の作家の著作が「全部」と言っていいほどずらり。

 太宰の「津軽」を手に取って奥付を見ると、「昭和19年」発行の初版で、太宰自身の手による押印が。「大学時代に神保町の古本屋で3万8000円で買ったもの」だとか。「貴重なものを売っちゃうって、太っ腹ですね」と言えば、「いえ、売りたくないですよ」って、ややこしいなー。でも「だいたいの本、2冊ずつ持っている」とも。

 古井由吉、黒井千次、小川国夫ら「内向の世代」をはじめ、三島由紀夫、高見順、坂口安吾、中野孝次、高橋和巳ら広く戦後文学の本がわんさかだ。値段をつけておらず、客に「いくらで買いたい?」と聞くそうだ。「安ければ安い方がいい」と答えたら、途端に小笠原さんの機嫌が悪くなる。学生や懐が寂しいがその本を読みたいオーラが出ている人には、うんと安くする。あるいは「あげる」。

「売るというより、渡していきたいんです」と小笠原さん。取材中に来店した常連の京大大学院生、石田善嵩さん(24)が「文学、哲学がこれほど揃った本屋は京都で一番です」。ふと「解放区」の3文字が頭に浮かんだ。

◆京都市左京区吉田牛ノ宮町4-4/京都市バス京大正門前から徒歩1分/℡075・606・5653/10~18時、日曜・祝日休み

ウチらしい本

「遥かなノートル・ダム」森有正著、筑摩書房、売値800円

「著者は1911年生まれ。明治の政治家・森有礼の孫。クリスチャンで、哲学者、フランス文学者です。戦後、海外留学再開の第1陣として1950年にフランスに渡り、そのまま帰って来なかったんですね。この本は、自分の思想のようなものを書いた、いわば哲学エッセー。67年初版で、私は複数冊持っていますが、お売りするのは翌68年刊の8刷。とても魅力ある本ですよ」

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道