「マリエ」千早茜著

公開日: 更新日:

「マリエ」千早茜著

 物語は主人公の桐原まりえの離婚から始まる。40歳を目前に夫の森崎から「恋愛がしたい」と切り出され、最終的に承諾。理由には納得いかなかったが、まりえが感じるのは寂しさではなく、すがすがしさだった。

 離婚はしたが、まりえにはいくつもの人間関係があり一人ではない。大学時代のサークル仲間や、年上の女友達、馴染みの調香師……。まりえの離婚話を機に彼、彼女らが語る中でさまざまな恋愛観、結婚観に次第にまりえは自分の生き方に迷いが生じる。恋愛しないといけないのか、一人は寂しいのか……。

 そんな中、ひょんなことから7歳年下の由井君が、料理を習いに来るようになる。一緒にいて居心地がよい関係が逆に落ち着かなくなり、まりえは結婚相談所に登録。そこで紹介された無口な本田さんと出会う──。

 今年、「しろがねの葉」で第168回直木賞を受賞した著者の最新刊。著者と等身大の40代の女性を主人公に据え、大人の恋愛を描いた長編だ。

 婚活の場で切実な現実を突きつけられ、条件で選別される理不尽を経験しながら、まりえは自分の幸せとは何かを考えていく。迷いながらも前を向き進んでいこうとする姿に共感する読者は多いだろう。

(文藝春秋 1870円)

【連載】木曜日は夜ふかし本

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道