ロックが商業化される前の貴重な記録

公開日: 更新日:

「リバイバル69 伝説のロックフェス」

 1960年代は何かにつけて神格化されがちな時代だ。60年の米大統領選で勝利したケネディはわずか3年後に暗殺され、翌々年にはベトナムで地上戦開始。68年には学生運動が世界中で火を噴く。確かに伝説の要素には事欠かない。

 今週末封切りの「リバイバル69 伝説のロックフェス」はその一部にまつわる音楽ドキュメンタリーだ。69年は有名なウッドストック・フェスティバルの年だが、こちらはひと月後にカナダのトロントで開かれたイベントである。

 同じ北米とはいえ、音楽市場でカナダはマイナーな存在。しかしウッドストックに出演しなかったビートルズのジョン・レノンがヨーコと登場することになり、トリにはドアーズも出演。半年前にマイアミで観客とトラブルになったばかりだっただけに気合の入ったギグになった。

 今回は未公開の16ミリと新発見の8ミリフィルムが含まれ、興行の舞台裏まで新たに取材した新作ドキュメンタリーである。

 当時20歳でレノン夫妻に助手として仕えたアンソニー・フォーセットの証言が入るなど、ロックの商業化が徹底される直前の記録として貴重なフィルムだ。関係者のひとりが「エイズの前のフリーラブの時代」と語っているが、もうひとつ、客の大半が白人で苦労知らずの顔をした若者たちであるのも印象的だ。

 福屋利信著「ロックンロールからロックへ その文化変容の軌跡」(近代文藝社 2200円)はアメリカのポピュラー音楽史と移民史を重ね、移民労働者家庭の若者が流行の先触れを担った「ロックンロール」と、中流の若者が受容した「ロック」の間には分節があると論じる文学研究者の試論。ロック全盛の70年代の人気バンドの大半が白人だったことを思うにつけ、対抗文化の陰にあった人種と階級の境界を思う。 <生井英考>



最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

  2. 2
    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

  3. 3
    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

  4. 4
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  5. 5
    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

  1. 6
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  2. 7
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 8
    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

  4. 9
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  5. 10
    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ

    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ