「里山」今森光彦著

公開日: 更新日:

「里山」今森光彦著

 滋賀県で生まれ育ち、現在も琵琶湖畔の仰木町に構えたアトリエを拠点に活動する自然写真家の著者が、故郷の里山の四季を撮影した写真集。

 春、湖畔の東側、鈴鹿山脈や伊吹山地の雑木林では、雪解けを待っていたかのようにセツブンソウが可憐な花を咲かせ、新しい季節の到来を告げる。

 同じころ、人里では待ちかねていたように田んぼに水を張るためのあぜつくりが始まる。

 やがて、水が張られた田んぼのあぜ道にタンポポが黄色のベルトのように一斉に花を咲かせる。

 一方、ヨシが茂る琵琶湖の船着き場では、朝焼けの中、漁師が竿を操り舟を湖へとこぎ出していく。湖面には靄が立ち込め、何とも幻想的だ。

 漁師が取ったのは、桶からはみ出しそうなほど大きな鯉だ。湖の浅瀬では、鯉のカップルが世代をつなぐために産卵、水面にはヨシの新芽が顔をのぞかせ、命の賛歌が奏でられる。

 タチヤナギが芽吹き、漁が始まるこの時季が、琵琶湖が一番穏やかな美しさを見せてくれるころだという。

 そして早朝、高所から見下ろせば、かなたまで広がる田植えを終えたばかりの棚田が朝日を反射して、一帯が橙色の空気に包まれたようだ。

 霧が出ると、そんな棚田の風景も一変。青白い世界に閉じ込められたような神秘的な風景の中に吸い込まれそうになる。

 著者は、仰木の棚田はアジアの原風景を思わせるという。人々の暮らしの営みと自然との共生による里山ならではの美しさがここにはある。

 気温の上昇とともに、早苗はすくすくと育ち、里山に命が爆発する。夜の小川ではゲンジボタルの光芒が群れ、ツユクサにとまるナナホシテントウムシは絶妙な色のコントラストを作り出す。オニヤンマの複眼は木々の緑を吸い込んで夏色の輝きを放ち、アジサイの花の間からアマガエルの子どもが顔を出す。

 棚田の緑は刻々と濃くなり、比叡山の峰からは入道雲が湧き立つ。

 7月の中旬になると、竜王町の界隈では昔ながらの「虫送り」の祭りが行われる。

 タイマツを持って村から村へと練り歩く「虫送り」の行事は、イネを食べる害虫やイネの病気をもたらす悪霊を追い払うため、かつては全国各地で行われていた。しかし、農薬が使われるようになり廃れ、今では県内でもわずかな地域でしか行われていないという。

 竜王町の虫送りの行事に参加した折のエピソードなど、里山の暮らしを通じて出会った人々との思い出をつづるエッセーも収録。

 お盆に、手作りのお地蔵さんに花や果物を供えて先祖の霊を迎える「おしょらいさん」や、バイカモが生える清流で野菜を洗う住人など、里山に暮らす人々の営みも活写。

 そして待望の収穫の秋が訪れ、やがて棚田に雪が積もり、しばしの眠りにつくまで、里山の一年を追う。

 日本の原風景がここにはある(写真はすべて(C)Mitsuhiko Imamori)。

(クレヴィス 3300円)

【連載】GRAPHIC

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

    ベッツにカーショー、フリーマン…ド軍MVP3人の仰天素顔

  4. 4
    中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

    中森明菜が完全復活へ!公式YouTubeで“顔出し歌唱”披露、変わらぬ美しさにファン歓喜

  5. 5
    林真理子日大理事長の入学式祝辞 意地悪な人たちも返す言葉がないんじゃない?

    林真理子日大理事長の入学式祝辞 意地悪な人たちも返す言葉がないんじゃない?

  1. 6
    オリックス山下舜平大を直撃「山本由伸先輩からどんな影響を?」「メジャーに行きたい?」

    オリックス山下舜平大を直撃「山本由伸先輩からどんな影響を?」「メジャーに行きたい?」

  2. 7
    トー横で15歳少女を“借金沼”にハメたイケメンホストの素性は…高校野球の名門「駒大苫小牧」の元主将

    トー横で15歳少女を“借金沼”にハメたイケメンホストの素性は…高校野球の名門「駒大苫小牧」の元主将

  3. 8
    エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

    エンゼルスには「大谷移籍」が好影響? 投打の主力失ったのに地区首位快走のナゼ

  4. 9
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  5. 10
    衆院東京15区補選はカオスな展開…乙武洋匡氏めぐり2つの異変、自民vsファーストの会“泥仕合”

    衆院東京15区補選はカオスな展開…乙武洋匡氏めぐり2つの異変、自民vsファーストの会“泥仕合”