井上理津子
著者のコラム一覧
井上理津子ノンフィクションライター

1955年、奈良県生まれ。「さいごの色街 飛田」「葬送の仕事師たち」といった性や死がテーマのノンフィクションのほか、日刊ゲンダイ連載から「すごい古書店 変な図書館」も。近著に「絶滅危惧個人商店」「師弟百景」。

ゆうらん古書店(東京・経堂)色味の良い本が並びまるで現代アート

公開日: 更新日:

 経堂駅北口近くのスーパー「オオゼキ」のちょっと向こう。「きれいだなー」と、立ち止まって眺めた。店頭のディスプレーを。グリーン(田中小実昌著「カント節」)、黄色地に太い黒文字(ライムスター宇多丸ら著「ブラスト公論」)、真っ赤な帯(大瀧詠一監修「PHIL SPECTOR」)など色味の良い本が並び、現代アートのようだ。

「師匠の広瀬さんの受け売りです。色、大事だと」

 こんにちは、と出てきた店主・今村亮太さん(38)がゆるりと言う。広瀬さんとは、西荻窪の古本屋「音羽館」の店主のこと。きれいな古本屋としても知られる、人気店の音羽館で5年間修業し、昨年9月に独立したそうだ。 

 店内に入る。7坪。控えめな音量でジャズがかかり、居並ぶ本は皆、新刊さながらにピカピカ。「木の本棚いい感じ」とつぶやくと、今村さんの顔がほころんだ。

「僕、22歳からこの辺に住んでいて、近所に行きつけのバーがあって、マスターが造形職人。全部作ってくれたんです。トンカチを僕も手伝って」

 正面の平台付きの1本足の棚はシュッとしている。「宮沢賢治の真実」「日本の秘境」「森の絵本」といった本からさっそく視線を感じ、ヤバイな。左手奥に回れば、岩波文庫とちくま文庫がやたら充実。あら、私の好物の民俗学系もしっかりある……と宮本常一や柳田國男を横目にひと回り。

「お得意ジャンルは?」と今村さんに聞くと、「ずっと読んできたのは海外文学なので」と。なるほど、どーんと10段の本棚2つを海外文学が陣取っていて、「右が英語圏、左が非英語圏」の本だそう。

「僕は柴田元幸の訳が好きで。いい曲しかかけないDJみたいな感じの翻訳家なんですよ」とのことで、柴田元幸訳の本が20冊ほど横並びしているじゃない。「一冊、読んでみたくなった」と言うと、ニューヨークが舞台のポール・オースター著「ガラスの街」(新潮社)を薦めてくれ、09年の初版本を400円で購入。

■世田谷区経堂2-15-12/小田急線経堂駅から徒歩3分/℡03・6413・5833/正午~20時/火曜休

ウチらしい1冊

「不安の書」フェルナンド・ペソア著 高橋都彦訳

「ペソアは、ポルトガルのお札にもなった詩人。1935年に亡くなってから、トランク一杯の遺稿が発見され、その1つがコレで、現代世界文学の傑作とされます。いろんな人格を持って、いろんな作品を書いた人なんですが、この本はリスボン在住の帳簿係補佐の手記という形式で語られる、さまざまな悲観の断章。カフカみたいかも。読んだら、気が楽になること、請け合いです。絶版の希少本なので、高くてすみません」

(新思索社 2007年 売値5000円)


最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

    大阪万博パビリオン建設に「リング」が邪魔…建設トップから今さら“ダメ出し”のア然

  2. 2
    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

    ムーキー・ベッツは両リーグMVPを狙う大谷の強力ライバル 意外にも英国王室と深いつながりが

  3. 3
    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

    副島萌生も星麻琴も…NHK新女性キャスターはなぜ、慶応大卒ばかりが抜擢されるのか?

  4. 4
    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

    東京都が年度内提出目指す「カスハラ防止条例」…現場からため息が漏れるナゼ?

  5. 5
    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

    株価は絶好調でも証券会社は儲からない仕組み…「熱狂」がない理由はコレなのか?

  1. 6
    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

    吉高由里子「光る君へ」は行き詰まる?家康がコケて「女性による女性のための大河」に賛否

  2. 7
    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

    子育て支援「負担増1000円超え」は加藤鮎子大臣“テヘペロの乱”…岸田首相を背後からズブリ

  3. 8
    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

    NBAのレジェンドがドジャース大谷を絶賛!「トレーニングへの姿勢がチームに伝染した」

  4. 9
    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

    「ブラタモリ」抜擢の桑子真帆アナ “金髪チャラ系”の大学時代

  5. 10
    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道

    元横綱・白鵬は「廃業」待ったナシ…北青鵬暴力騒動の厳罰処分に貴乃花親方がいつか来た道