「犬のかわいいところ大全」キリ著、永澤美保監修

公開日: 更新日:

「犬のかわいいところ大全」キリ著、永澤美保監修

 毎日、大好きな犬のことばかり考えて暮らしているというマンガ家の著者が、一緒に暮らす飼い犬のこつぶ(まめ柴、7歳の男の子)との日々を通して、犬のかわいさを余すところなく伝えるコミックエッセー。

「家に犬がいる。それだけで、家じゅうにかわいい空気があふれます」

「こんなかわいい生きものが、人間と仲良くしてくれるって、たぶん絶対に奇跡!」と、書き出しからあふれるばかりの犬への愛がこれでもかとつづられる。

 そして、まず犬はどこをさわってもさわり心地が違ってかわいいという。

 ほっぺはもちもち、頭はぽふぽふ、背中はざきざきとしていてかわいい。中でも著者のお気に入りは、「手」の裏、肉球の下あたりを指先に向かってなでた時のスベスベ感だそうだ。

 ほかにも、全身の毛が生え替わる「換毛期」のお散歩中、風に吹かれ、こつぶから舞いあがった毛を見て、「たんぽぽみたい」とめでたり、ステンレスのお皿に映る水を飲むこつぶの顔が「まぬけかわええー」と悶絶してみたりと、「存在が、かわいい」ところを挙げる。

 続いて、目でお互いの気持ちが伝わるなど、「わかりあえて、かわいい」ところや、大嫌いな爪切りをされて、しばらく飼い主に近寄らなくなったこつぶとの爪切りをめぐるバトルといった「わかりあえなくても、かわいい」ところなど、17章で犬との暮らしの楽しさを描く。

 ページの片隅や合間には、「人間の言葉を1000単語ほど覚えられる」「犬をなでると人間にも変化がおき、ストレスを抑えるホルモンが分泌され、血圧も下がる」など、監修者による犬のまめ知識も紹介。

 手にすれば、犬が飼いたくなる「危ない」本だ。

(ダイヤモンド社 1540円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで