10年かけて調べられた風聞の事件を見事に映画化

公開日: 更新日:

 関東大震災は100年前の天災だが、今回はそれにからんだ人災の話である。

 震災から5日後のこと。房総半島を流れる利根川べりの福田村(現在の千葉県野田市)で、通りすがりの行商人の一団が殺害される事件が起こった。折から横浜や東京では在日朝鮮人が悪事をたくらむとの流言飛語が人々を惑わせたが、福田村でも在郷軍人の自警団員が行商人たちのしゃべる四国なまりの方言を朝鮮語と聞きとがめて騒ぎとなる。

 聞きつけて集まった約200人の群衆が暴徒化し、複数の幼児や妊婦を含む計9人をなぶり殺しにしたのである。

 この出来事は地元でほそぼそと語り継がれたが、詳細の定かでない風聞だった。それを流山市在住の女性が10年以上かけてコツコツ調べた結果、1冊のノンフィクションにまとめたものの、千葉の「ふるさと文庫」で知られた版元の崙書房は4年前に出版不況で解散。以来、せっかくの労作も絶版状態をかこっていた。

 他方、この事件に強い関心を抱いたのがドキュメンタリーの映画監督。これをなんとか映画化できないかとクラウドファンディングを計画。苦労して製作資金を集め、ついに来週末に封切りを迎えるに至った。その過程でくだんの絶版書も新たな版元から再刊されることとなり、今年6月、とうとう増補改訂版として店頭に並んだのである。

 それが辻野弥生著「福田村事件」(五月書房新社 2200円)と、来週末に封切り予定の森達也監督作「福田村事件」。ちなみに映画は森監督の初の劇映画で、趣旨に賛同した多くの人気俳優たちがそこかしこに出演している。

 原作本として映画化される書籍は数あれど、こんな過程を経た例はめったにないだろう。文化果つるばかりの昨今、ひさしぶりに愁眉を開く話ではないか。 <生井英考>

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

  2. 2
    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

  3. 3
    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

  4. 4
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  5. 5
    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

  1. 6
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  2. 7
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 8
    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

  4. 9
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  5. 10
    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ

    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ