フランツ・カフカ ショートストーリーコンテスト開催 6000字で、東京─欧州往復1週間の旅!

公開日: 更新日:

 字数制限6000字という気軽さにもかかわらず、豪華賞品を獲得できるかもしれない公募文学賞「フランツ・カフカ ショートストーリーコンテスト」が開催されている。

 最優秀者1人に贈呈される副賞はなんと、「東京-欧州往復1週間の旅」。また、2位、3位の優秀作品には、チェコやドイツ、ポーランドにちなんだ記念品(詳細は現在検討中)が贈られる。円安、物価高の影響で海外旅行を諦めた人もいるだろうが、異国情緒を味わえる、またとないチャンスの到来である。

 同文学賞は、プラハ生まれの作家フランツ・カフカが、生誕140周年、来年に没後100年を迎えることを記念して開催。カフカが40歳で亡くなったことにちなんで、応募資格は40歳以下であること。AIによる作品は認められないが、「カフカやその作品にインスピレーションを受けた商業媒体未発表作品」であれば、プロアマ問わず1人1作まで応募できる。

「上田岳弘氏、小山田浩子氏、藤野可織氏の3人の芥川賞作家を審査員に迎えています。カフカに影響を受けていれば、どんなジャンルでも構いませんので、奮ってご応募ください」(担当者)

 応募開始から1週間の7月10日時点で10作品余りが応募されているという。締め切りは8月31日。

 詳細はHPで。https://www.kafkaprojekt.com/general-8-1

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

  2. 2
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  3. 3
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  4. 4
    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  2. 7
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  3. 8
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9
    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

  5. 10
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった