「もっと悪い妻」桐野夏生著

公開日: 更新日:

「もっと悪い妻」桐野夏生著

 大学時代の恋人、翔太郎が結婚したと聞いて、麻耶は張り合うように職場の同僚の新と結婚した。翔太郎に子どもが生まれたときも競うように子どもを産んだ。1年後に、仕事の打ち合わせで翔太郎と再会し、ほどなく元の仲に戻った。それから8年間、深い仲は続いている。

 ある日、夫婦でAmazonで映画を見ていると、新が尋ねた。「麻耶は、誰かと会っているの?」。大事に思っている人がいて、それはやめられないと答えると、新は「困ったな」という。「バランスが悪いからだよ」と言われ、麻耶は言った「だったら新ちゃんも誰か探すといいよ」。麻耶の本心だった。(「表題作」)

 6人の悪妻を描いた短編集。

(文藝春秋 1760円)


最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2

    野呂佳代が出るドラマに《ハズレなし》?「エンジェルフライト」古沢良太脚本は“家康”より“アネゴ”がハマる

  3. 3

    岡田有希子さん衝撃の死から38年…所属事務所社長が語っていた「日記風ノートに刻まれた真相」

  4. 4

    「アンメット」のせいで医療ドラマを見る目が厳しい? 二宮和也「ブラックペアン2」も《期待外れ》の声が…

  5. 5

    ロッテ佐々木朗希にまさかの「重症説」…抹消から1カ月音沙汰ナシで飛び交うさまざまな声

  1. 6

    【特別対談】南野陽子×松尾潔(3)亡き岡田有希子との思い出、「秋からも、そばにいて」制作秘話

  2. 7

    「鬼」と化しも憎まれない 村井美樹の生真面目なひたむきさ

  3. 8

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  4. 9

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方