実力者揃い踏み 芥川賞・直木賞候補作発表

公開日: 更新日:

 日本文学振興会は16日、第169回芥川・直木賞の候補作を発表した。両賞を合わせて10人中、7人が候補入りを経験しており、実力者が揃う顔ぶれとなった。

 芥川賞は、デビュー作「我が友、スミス」が166回芥川賞の候補になり話題を呼んだ石田夏穂氏が2回目、「現代思想入門」で「新書大賞2023」を受賞した哲学者の千葉雅也氏が3回目、野間文芸新人賞や三島由紀夫賞など受賞経験の多い乗代雄介氏が4回目の候補入りを果たした。

 また、直木賞も錚々たる面々が揃う。「天地明察」など作品の映像化も多い冲方丁氏と、「君たちに明日はない」で山本周五郎賞を受賞した経験のある垣根涼介氏が共に3回目、高野和明氏と永井紗耶子氏が2回目のノミネート。初候補入りの月村了衛氏も、「このミステリーがすごい!」大賞の10位までに8回ランクインするなど、どの候補者も残すは直木賞のみと言わんばかりのラインアップである。

 一方で、今回が初の芥川賞候補となった2人は、個性豊かな気鋭作家。市川沙央氏は難病を患う自身を投影した作品世界を作り、児玉雨子氏はハロプロなどのアイドル楽曲の作詞家としての経歴を持つ。

 選考会は、7月19日に都内で開かれる。

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

    北乃きいが「まるで別人!」と話題…フジ「ぽかぽか」でみせた貫禄たっぷりの“まん丸”変化

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  1. 6
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  2. 7
    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

    静岡県知事選で「4連敗」の目 自民党本部の推薦が“逆効果”、情勢調査で告示後に差が拡大の衝撃

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  5. 10
    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる

    “絶対に断らない女”山田真貴子元報道官がフジテレビに天下りへ 総務官僚時代に高額接待で猛批判浴びる