2人の不眠症の高校生を描く青春物語「君は放課後インソムニア」

公開日: 更新日:

 新人のころから見てきた映画監督がキャリアを積んでゆくさまは楽しい。

 個人技の小説と違って映画製作は集団でやる大仕事。それだけに作品の規模が大きくなると自分の個性を貫くのは難しくなる。独創性ある監督ほど、インディーズ時代とは違う商業的制約のもとで自分の表現を成立させる、その腕のよしあしが問われるのだ。

 来週末封切りの「君は放課後インソムニア」は池田千尋監督の最新作。商業デビュー作「東南角部屋二階の女」以来、脚本家でもある彼女の一貫した関心は「過渡期」にある男女の迷いやためらいにあったといっていいだろう。

 今回、「君ソム」と通称される人気マンガを原作に、公開の少し前にはテレビアニメまで放映開始されるというのは制約も圧力も大きかったはずだが、外部要件をすべて満たし、かつこれまでの池田作品の集大成の域に達した。

 成功の要因はいくつかあるが、ひとつは主人公が高校生でぐっと若くなったのが幸いしたことだろう。10代は迷って悩んで当たり前。年齢が高いとモラトリアムの設定や描写に手をかけねばならないが、10代なら迷いながらも全力で駆けるさまを手ぎわよく描くことができる。主人公の高校生役のふたりはともに達者だが、特に男子の奥平大兼の巧まざるやぼったさがいい。

 そんな演出のこなれ具合を見るにつけ、本作は監督にとって何らかの分岐点になりそうに思う。今後どんな方向に進むか楽しみにしたい。

 ちなみに題名の「インソムニア」は不眠症。逆に過眠症がナルコレプシーだ。筆名・阿佐田哲也でも知られた色川武大は食事中でさえふいにナルコレプシーの発作に襲われたという。独特の語り口が特徴の短編集「怪しい来客簿」(文藝春秋 660円)にもそんな話がある。終着点を持たない、永遠の過渡期のように人生を生きた作家だった。 <生井英考>

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ドジャース大谷の結婚電撃発表にスポンサーもビックリ!「事前に聞いておりませんでしたので…」

    ドジャース大谷の結婚電撃発表にスポンサーもビックリ!「事前に聞いておりませんでしたので…」

  2. 2
    資産家未亡人が米医大に1500億円の寄付! 史上最大級、全学生の授業料がゼロに

    資産家未亡人が米医大に1500億円の寄付! 史上最大級、全学生の授業料がゼロに

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

  5. 5
    元プラマイ岩橋良昌vs真木よう子の「エアガン」論争 カギを握る宮川大輔が沈黙を貫く意味深

    元プラマイ岩橋良昌vs真木よう子の「エアガン」論争 カギを握る宮川大輔が沈黙を貫く意味深

  1. 6
    千葉で4日間に17回、熊本に能登半島…群発地震が巨大地震に繋がる可能性は?

    千葉で4日間に17回、熊本に能登半島…群発地震が巨大地震に繋がる可能性は?

  2. 7
    カラオケBOX→自ら「パパ活部屋」と呼ぶ1室で少女2人と…72歳歯科医師の衰えぬ精力

    カラオケBOX→自ら「パパ活部屋」と呼ぶ1室で少女2人と…72歳歯科医師の衰えぬ精力

  3. 8
    ドジャース大谷翔平が明かした遠距離「超スピード婚」…出会いから交際、婚約、入籍まで

    ドジャース大谷翔平が明かした遠距離「超スピード婚」…出会いから交際、婚約、入籍まで

  4. 9
    阿部サダヲ&クドカン「ふてほど」で見せつけているのは“ドラマのTBS”の底力

    阿部サダヲ&クドカン「ふてほど」で見せつけているのは“ドラマのTBS”の底力

  5. 10
    フジ「すぽると!」復活で“女子アナ王国”再興なるか 佐久間みなみアナと松崎涼佳アナの2枚看板に期待大

    フジ「すぽると!」復活で“女子アナ王国”再興なるか 佐久間みなみアナと松崎涼佳アナの2枚看板に期待大