上半期ベストセラー発表 ランキングにアフターコロナの兆し

公開日: 更新日:

 日本出版販売が上半期のベストセラーを1日に発表し、村上春樹著「街とその不確かな壁」が1位となった。

 同氏の作品が上半期ベストセラーになったのは、「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」以来10年ぶり。版元によると発売からわずか6日で重版を記録し、同氏の根強い人気がうかがえる。

 4位の、凪良ゆう著「汝、星のごとく」は、紀伊国屋書店の店員が選ぶ「キノべス! 2023」と、全国の書店員が選ぶ「2023年本屋大賞」を受賞した話題作で、熱心な読書家からの支持が厚いことが見て取れる。

 一方で、2位「ポケットモンスター スカーレット・バイオレット 公式ガイドブック 完全ストーリー攻略」、3位「小学生がたった1日で19×19までかんぺきに暗算できる本」のターゲットは子どもたち。3位「小学生が~」の版元であるダイヤモンド社によると、学習参考本がランキングの3位に入るのは史上初だという。

 日本出版販売はランキングの傾向を、「コロナの影響で近年は『お金』『老後』などの生活に身近なテーマが注目されていたが、アフターコロナへの移行に伴って娯楽作品や好奇心を満たす作品に注目が集まった」と分析。この傾向が崩れないことを願うばかりだ。

【連載】出版HOT NEWS

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路