“バービー美人”の若妻が白人至上主義結社を組織

公開日: 更新日:

「ソフト/クワイエット」

 ホラー映画が苦手で困っている。昔ならホラーはマイナーでB級だったから、敬遠してもたいして影響はなかった。だが、いまやホラーは主流のジャンル。おまけに世の中は猟奇殺人や陰謀論であふれ返り、それらをことごとくホラー映画が題材にしてしまうのだ。

 というわけで今週末公開の「ソフト/クワイエット」はまさしくそんな時代の一作。ジャンルは言わずと知れた(?)サイコホラー。平凡なアメリカのスモールタウンに住む“バービー美人”の若妻がナチの優生思想にかぶれ、白人至上主義結社を組織するという話である。その名も「アーリア人団結をめざす娘たち」。

 アーリア人はインド・ヨーロッパ語話者の総称だが、ナチが北欧系の人種賛美で「アーリアン」を多用した歴史がある。現代英語でこの語は、事実上ナチの含意を免れない禁句なのだ。

 とはいえひと昔前ならこんな設定は「サタデー・ナイト・ライブ」でパロディーにされるのがオチだったろう。ところがいまや不気味なアクチュアリティーで迫り苦笑さえ凍りつかせてしまう。

 感心するのは(というのもヘンですが)主演の女優たちのキャスティング。リーダー格の若妻役をはじめ、それらしい風采の俳優を集める手腕でハリウッドはいまだ一日の長がある。ちなみにこれが長編デビュー作になるベス・デ・アラウージョはラテン系の女性。いわば被差別の側が差別者の内面に入りこむかたちで、狂信的な白人至上主義の主観世界を内側から照らし上げたのである。

 ユリア・エブナー著「ゴーイング・ダーク」(左右社 2530円)は欧米各地のネオナチや極右団体に潜入取材したユダヤ系女性活動家のルポ。そこに描かれた「伝統的夫婦観」を奉じる「トラッドワイフ」たちの会話が、映画と酷似して心底怖い。 〈生井英考〉

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

  2. 2
    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

  3. 3
    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

  4. 4
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  5. 5
    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

  1. 6
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  2. 7
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 8
    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

  4. 9
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  5. 10
    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ

    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ