「らんまんの笑顔『人間・牧野富太郎』伝」谷是、谷村鯛夢著

公開日: 更新日:

「らんまんの笑顔『人間・牧野富太郎』伝」谷是、谷村鯛夢著

 郷里が生んだ偉人、牧野富太郎を長年、研究、啓蒙してきた郷土史家による語り下ろしの評伝。

 後に「世界のマキノ」と称される博士は、その94年の生涯で、当時6000種あるといわれた日本の植物のうち1000種に命名、600種の変更分類を行い、それまで適当な名前で呼ばれていた日本の草花に世界で通用する学名をつけた。北から南まで日本全土をくまなく歩き、生涯に集めた植物標本は40万枚に及ぶ。

 驚くことに、その最終学歴は小学2年で中退。幼いころから地元の儒学者らに学んできた富太郎には、学校の授業は物足りなかったらしい。以後、できた時間で近所の山々を歩き、草花の観察・採集をするとともに、書籍から知識を得てきた。

 幕末の文久2(1862)年4月、土佐・高知の盆地・佐川の裕福な造り酒屋に生まれた富太郎。その幼少期から、さまざまな人との出会いで植物学を深めていく青年期、妻・壽衛(すえ)とのなれそめ、そして家の没落で極貧生活を送りながら、世界にその名をとどろかせるまでを、エピソードたっぷりに伝える。

(集英社 1760円)

【連載】好奇心発動!天真らんまんな「牧野富太郎本」特集

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    旧ジャニーズ大物たちが足を引っ張った…秋ドラマ「がっかりランキング」はコレだ!

    旧ジャニーズ大物たちが足を引っ張った…秋ドラマ「がっかりランキング」はコレだ!

  2. 2
    箱根駅伝「山の神」の時代はもう終わり 勝負のポイントが再び平地へ戻ってきた

    箱根駅伝「山の神」の時代はもう終わり 勝負のポイントが再び平地へ戻ってきた

  3. 3
    中日移籍の中田翔 いきなり球団最高年俸「2年6億円」の舞台裏…懸念は故障と向上心の空回り

    中日移籍の中田翔 いきなり球団最高年俸「2年6億円」の舞台裏…懸念は故障と向上心の空回り

  4. 4
    有村架純「どうする家康」ファン感謝祭欠席の裏 松本潤との"静岡デート"報道でNHKが「待った!」

    有村架純「どうする家康」ファン感謝祭欠席の裏 松本潤との"静岡デート"報道でNHKが「待った!」

  5. 5
    麻布台ヒルズが華々しくオープンしたのに…森ビルの財務は窮地の謎解き

    麻布台ヒルズが華々しくオープンしたのに…森ビルの財務は窮地の謎解き

  1. 6
    オリックス1位・横山聖哉 看護師の父は泣きながら茶碗を抱える息子に「心を鬼にした」

    オリックス1位・横山聖哉 看護師の父は泣きながら茶碗を抱える息子に「心を鬼にした」

  2. 7
    山本由伸メジャー移籍先は「3球団に絞られた」と米メディア、年俸総額は2億ドル超え確実

    山本由伸メジャー移籍先は「3球団に絞られた」と米メディア、年俸総額は2億ドル超え確実

  3. 8
    大谷翔平の移籍先最終候補は5球団…そして金満球団(メッツ、Rソックス、レンジャーズ)が消えた理由

    大谷翔平の移籍先最終候補は5球団…そして金満球団(メッツ、Rソックス、レンジャーズ)が消えた理由

  4. 9
    75歳以上の医療費「窓口負担2倍」に…岸田政権が的外れ少子化対策で後期高齢者を狙い撃ち

    75歳以上の医療費「窓口負担2倍」に…岸田政権が的外れ少子化対策で後期高齢者を狙い撃ち

  5. 10
    中田翔自ら“契約破棄”も巨人は痛くもかゆくもなし…阿部新監督が「構想外」を突きつけた

    中田翔自ら“契約破棄”も巨人は痛くもかゆくもなし…阿部新監督が「構想外」を突きつけた