「ギャラリーストーカー」猪谷千香著

公開日: 更新日:

「ギャラリーストーカー」猪谷千香著

 ギャラリーストーカーとは、画廊で作家につきまとう人たちのことをいう。多くは40代以上の中高年男性で、ターゲットにされるのは主に美術大学を卒業したばかりの若い女性作家。

 個展の会場で作家に話しかけ、長時間独り占めする。作品を購入し、理解者、支援者ぶりをアピールする。勝手に下の名前で呼んで彼氏ヅラする。食事やドライブに誘う。画廊の帰り道に待ち伏せする……。ストーカーの自覚がない困ったおじさんたちは、作品発表の場に一人立つ女性作家を、無料のキャバクラ嬢と勘違いしているらしい。

 若い女性作家を苦しめるのはギャラリーストーカーだけではない。有名美術家、評論家、キュレーター、美大の教師、コレクターなど、美術業界で力を持つ男たちによるハラスメントや性被害は枚挙にいとまがない。彼らは若い作家の将来を左右する権力者だから、被害に遭っても声を上げられない。しかし、美大も業界も見て見ぬふり。「芸術家は破天荒」という業界の神話もハラスメントを軽視させる。

 一見、自由奔放で華やかに見える美術業界の驚愕の実態に迫ったノンフィクション作品。自らのつらい体験を語った女性作家たちに寄り添い、対策を探る。セクハラ、パワハラは美術業界に限ったことではないが、この業界ならではの構造がそれを助長していると著者は指摘している。美大には女子学生が多く、教員の圧倒的多数は男。ジェンダーバランスが極端に偏っている上、教員は作家であることが多く、旧態依然の徒弟制度が残っている。師匠に認められなければ、弟子は、狭い美術業界で生きていくことが難しいのだ。

 それでも時代は変わりつつある。権威ある美術評論家の団体がハラスメント撲滅に動き、女性作家たちがガイドラインを作り、若い世代が声を上げた。光は見えている。著者は大の美術好き。美術業界の変革を願う強い思いが伝わってくる。 (中央公論新社 1760円)

【連載】ノンフィクションが面白い

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

    大谷の「新・代理人枠」狙い大物エージェントが虎視眈々…争奪戦勃発は待ったなし

  2. 2
    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

    阪神・大山悠輔 今季中にFA権取得見込みであるのか? まさかの巨人流出…ロッテ、楽天も虎視眈々

  3. 3
    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

    大谷「英語力」格段向上の皮肉とプラス効果 元通訳・水原容疑者の裏切りが副産物を生んだ

  4. 4
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  5. 5
    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

    水原一平容疑者は刑務所に何年ブチ込まれる? 違法賭博発覚への「妨害工作」次々判明

  1. 6
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  2. 7
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 8
    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

    福原遥が挑むNHK朝ドラ&大河W主演「歴代4人の超難関」への道…まずは2025年「べらぼう」出演

  4. 9
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  5. 10
    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ

    若林志穂さん「生活保護受給」をXで明かす…性被害告発時のアンチ減り、共感者続出のワケ