「真珠とダイヤモンド」(上・下)桐野夏生著

公開日: 更新日:

「真珠とダイヤモンド」(上・下)桐野夏生著

 1986年、地元の高校を卒業した伊東水矢子は、萬三証券株式会社に入社した。中学時代に父親が病死したため、大学進学が難しかった水矢子は、給与の良い証券会社で金を貯めてから大学に行くつもりだったのだ。

 お茶くみやコピー取りなど雑務をこなす補佐的業務をする水矢子は、「フロントレディ」と呼ばれる窓口業務に就いた短大卒の小島佳那に憧れた。結婚相手を探しに来ている同僚に陰口を言われ、仲間外れにされても凜(りん)としている佳那と、フロントレディたちとは高卒事務員という立場で一線を画されていた水矢子は互いに親しみを感じて仲良くなっていった。

 そんなある日、なりふりかまわず出世をもくろむ同期の望月昭平が、野心的な佳那と組んで大勝負に乗り出すのだが……。

 証券会社を舞台に、バブル期の狂乱に巻き込まれていった若者たちの運命を描いた話題作。多くの若者が夢を描き、上昇志向をギラつかせていた時代の空気感と、その後の顛末がリアルだ。熱に浮かされたようなマネーゲームに取りつかれた一時代のエネルギーと、そこから反転して現実に直面した人々の本音が伝わってくる。

(毎日新聞出版 上巻1760円 下巻1650円)

【連載】週末に読みたいこの1冊

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変