「魔女の森」サンドラ・ローレンス著、堀口容子訳、吹春俊光監修

公開日: 更新日:

「魔女の森」サンドラ・ローレンス著、堀口容子訳、吹春俊光監修

 何とも思わせぶりなタイトルだが、サブタイトルは「不思議なきのこ事典」。とは言っても、きのこを科学的に解説したり、きのこの見分け方や、野外観察用の図鑑でもない。

 きのこにまつわる神話や伝説などを紹介しながら、きのこと人間の切っても切れない関係をひもといていくビジュアルブックだ。

 現在判明している人類最古のきのこの摂取者は、スペインのエル・ミロン洞窟で見つかった1万8700年前の「レッド・レディ」。彼女がきのこを口にしたのは、食材としてだったのか、薬としてだったのかは分からない。

 アルプスで見つかった5300年前の男性のミイラ・エッツィの持っていた袋にもいくつかのきのこが入っていた。カンバタケは虫下し用下剤、ツリガネタケは着火用の火口(ほくち)として用いられていたらしい。

 古代エジプトでは、雷雨の後に出現する奇妙さから、きのこは嵐の神セトの贈り物で、稲妻によって地上に送られると考えられ、不老不死をもたらす宝物としてファラオしか口にできなかった。

 古代ギリシャでは、ゼウスが雷雨の間に大地に射精すると考えられており、きのこは神の「子孫」とされたという。

 ほかにも、ローマ皇帝クラウディウスの暗殺に用いられたタマゴテングタケや、中国で不老不死の仙薬とされ、多くの伝説が伝わるマンネンタケ(霊芝)、ダーウィンの娘エティが子どもたちの目に触れる前に採っては燃やしていたというペニスそっくりのスッポンタケなど、まずは人間ときのこの歴史を振り返る。

 さらに、ポルチーニやアミガサタケなど食にまつわるエピソードから、アートになったり、幻覚作用をもたらすものまで。100種類以上のきのこを英国王立植物園キューガーデン所蔵の美しいイラストとともに紹介する。

(グラフィック社 2970円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路