「ムラブリ」伊藤雄馬著

公開日: 更新日:

「ムラブリ」伊藤雄馬著

 言語学者である著者は、ある日、テレビ番組「世界ウルルン滞在記」でタイやラオスの山岳地帯に住む少数民族、ムラブリを知り、フィールドワークをすることに。ムラブリは森に住む狩猟採集民である。

 ムラブリ語の感情表現はユニークで、「クロル クン(心が上がる)」「クロル ジュール(心が下がる)」という言い方をするが、「心が上がる」は「悲しい」とか「怒り」を表し、「心が下がる」は「うれしい」とか「楽しい」を意味する。彼らにとって感情を表すのはよいことではないので「心が上がる」ことを避けるべきことと考えても不思議ではない。

 言語学者が文字も暦ももたない人々から教わった自由、言葉、幸福などについてつづる異端の言語学ノンフィクション。 (集英社インターナショナル 1980円)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路