「キャラは自分で作る どんな時代になっても生きるチカラを」泉谷しげる著/幻冬舎

公開日: 更新日:

「キャラは自分で作る どんな時代になっても生きるチカラを」泉谷しげる著

 いまから50年前、私が中学生の時に日本を空前のフォークブームが襲った。男子生徒はみながギターを弾き、歌った。ところがいま、そのときのフォークの旗手たちに元気がない。70代を迎えて、活動が低迷したり、引退する人も増えている。そのなかで、一人気を吐いているのが、著者の泉谷しげる氏だ。

 ミュージシャンとしてだけでなく、俳優として、そしてバラエティー番組でも活躍している。その理由は、著者の努力だけでなく、著者がスタッフに愛されているからだ。そのコツを、著者は「キャラを作る」ことだと言う。著者は、最初からオラオラキャラで売ってきた。しかし、そのキャラとは裏腹に、著者はとても繊細で、優しくて、誠実な人なのだ。そのことに私は、数年前に気づいていた。

 私は、「有名人ダジャレグッズ・コレクション」をしていて、著者のところにチーズを持って行ってサインをねだった。「何だこれは」と言う著者に「ちーずみやしげる」ですと答えた私に、「だじゃれ面白くねえぞ」と言いながら、快くサインしてくれた。

 口は悪いが心は優しい人が、昔はたくさんいたと著者は言う。ところが、いまは表面上トラブルが起きないようにうまく付き合うが、ネットで匿名になると、相手をつぶすまで徹底的に攻撃すると、著者は社会批判までやってのける。その言説は痛快だ。

 また本書で著者は、吉田拓郎やさだまさしの「悪口」を書いたり、美空ひばりや太地喜和子のプライベートを暴露したりしている。知らないことばかりなので、それはそれで、とても興味深いのだが、おそらくそのことで著者がクレームを受けることはないだろうと思う。発言の背後に著者の愛情と尊敬があふれているからだ。

 本書は、著者の生きざまをつづった本だが、私は、「美しく老いていく」ための教科書でもあると思う。最後まで輝く人生を送るためには、活躍できる舞台が必要だ。その舞台を整えるためには、周囲を動かす気遣いが必要なのだ。

 普段、経済書しか読まない私が本書を紹介しようと思ったのも、私が知らず知らずに、この本と著者の生き方に心を動かされてしまったからだ。

 ★★★(選者・森永卓郎)

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路