北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「尚、赫々(かくかく)たれ 立花宗茂残照」羽鳥好之著

公開日: 更新日:

 立花宗茂という武将がいる。筑後国柳河藩初代藩主。関ケ原の戦いで改易後、大名として復帰した武将は他にもいるが、旧領を回復した武将は、この立花宗茂ただ一人である。

 本書は、その立花宗茂の半生を描いた長編だが、素晴らしいのは、立花宗茂が何をしたかではなく、何を考えていたのかを描いたことだ。

 読みどころは他にもたくさんあることを、まずは先に書いておく。たとえば、天寿院(あの千姫だ)のお供で鎌倉に赴くときの、六郷橋の上から見た風景の美しさは、尋常ではない。この美しさの向こう側に、立花宗茂のそのときの胸の弾みがある。あるいは同じ章で、関ケ原の戦いが終わっても、それは男たちの戦いが終わるだけで、女たちの戦いは終わっていないと出てくるが、思わず、はっとするくだりといっていい。

 関ケ原の戦いを回想として描く第1章が読者をぐいぐいと引きずり込む力に満ちていることも書いておかなければならない。63歳のデビュー長編だが、著者が文芸畑で長らく編集者をしていたことも付記しておく。

 圧巻はラストだ。小説のラストを割るのは論外なので、やや曖昧にして書くが、15歳のときに立花宗茂がなぜ男らしくありたいと願ったのか。その心の奥に眠る真の動機に限りなく接近していくことに留意。この一点で、立花宗茂がどういう男であったのか。その真実が浮かび上がってくる。

(早川書房 2200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    70年代を彩った元「フィンガー5」妙子さん 音楽とは無縁の生活、再婚した年下夫と平穏に暮らす

    70年代を彩った元「フィンガー5」妙子さん 音楽とは無縁の生活、再婚した年下夫と平穏に暮らす

  2. 2
    泉ピン子が故・橋田壽賀子さん追悼ドラマに起用されず…共演者やスタッフに嫌われるワケ

    泉ピン子が故・橋田壽賀子さん追悼ドラマに起用されず…共演者やスタッフに嫌われるワケ

  3. 3
    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

    EXIT兼近は芸能界に必要か? 2度の逮捕、強盗犯ルフィとの接点発覚も擁護の声が多いワケ

  4. 4
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 5
    プロ雀士“役満ボディー”岡田紗佳さん「麻雀でも藤井聡太さんのような存在が出てほしい」

    プロ雀士“役満ボディー”岡田紗佳さん「麻雀でも藤井聡太さんのような存在が出てほしい」

  1. 6
    巨人有望株2投手わずか4日で二軍落ち…原監督が苦言も本音は“大誤算”

    巨人有望株2投手わずか4日で二軍落ち…原監督が苦言も本音は“大誤算”

  2. 7
    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

    どうするキムタク?「THE LEGEND & BUTTERFLY」興収40億円止まりの可能性 採算ラインは50億円

  3. 8
    結婚したキスマイ横尾渉に「脱退しろ」とファン厳しい声…また一歩近づいた“帝国崩壊”

    結婚したキスマイ横尾渉に「脱退しろ」とファン厳しい声…また一歩近づいた“帝国崩壊”

  4. 9
    自民分裂の北九州市長選挙で麻生系候補まさかの大逆転勝利 “本命”菅・武田連合敗北のワケ

    自民分裂の北九州市長選挙で麻生系候補まさかの大逆転勝利 “本命”菅・武田連合敗北のワケ

  5. 10
    青学大・原監督もビックリ!2時間7分台の学生新記録“よこたっきゅう”が日の丸を背負う日

    青学大・原監督もビックリ!2時間7分台の学生新記録“よこたっきゅう”が日の丸を背負う日