南杏子(医師・作家)

公開日: 更新日:

11月×日 診療の合間、心温まる絵本に出合った。ジョナ・ウィンター著「ちいさいフクロウとクリスマスツリー ほんとうにあったおはなし」(福本友美子訳 鈴木出版 1650円)。作者は環境問題と社会正義をテーマとするノンフィクション絵本を40冊以上も手がけ、数々の賞を受賞している。

 主人公は、ニューヨークに迷い込んだ1羽の小さなフクロウだ。あろうことか、ロックフェラー・センター前に立てる巨大なクリスマスツリーの幹に開いた穴の中から、衰弱した状態で見つかった。親切な作業員が助け出し、彼の奥さんが野生動物保護センターに送り届けたため、元気になって森に帰って行った──というお話。

 たかがそれだけと言うことなかれ。この小さな事件が起きたのは2020年の冬。当時の米国は新型コロナの感染者が累計1000万人を突破、ワクチンもない中で毎日の感染者は初ピークの20万人を超え、医療者は未知の病原体との勇気ある戦いの真っ最中だった。小さな命を救う作業員の行為にも同じ輝きを見た。

11月×日 地方新聞などで連載中の小説「いのちの十字路」の書籍化にあたって修正作業を開始する。自分の過去の作品を読むと、あれっ、こんな風に書いていたのかと悪事が露見したような気持ちになる。赤面しながらの毎日。両親が連載小説の切り抜きをきれいに集めているのを見つけ、「やめて~」と叫びたくなった。

11月×日 書評の依頼をいただき、内館牧子著「老害の人」(講談社 1760円)を読む。日頃、高齢者の医療にたずさわっていると、物語に登場するようなパワフルな「老害の人」たちはほとんどおらず、むしろ「お達者でなにより」という心境にさえなった。「老害」は誰にもおきうる脳の加齢現象。受け入れていく方が互いにストレスが少ないかもしれない。

 絵本では「フクロウ」、「老害の人」の主人公は米寿になる「福太郎さん」。さて、来年はどんな福に出合えるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ