「カルトの花嫁」 冠木結心著

公開日: 更新日:

 始まりは、著者が高校生のときだった。突然、母親がとある宗教を信じ始め、数万円の数珠を購入するなど、まとまった金を使うようになったのだ。道場に通い、どっぷりとはまっていく様子は、子供の目から見ても明らかだった。

 やがて、著者はそれが世間を騒がせている統一教会だと知る。しかし、機能不全の家庭に育った著者は、かわいそうな母への親孝行になると信じ、勉強会に参加。そこで出会ったスタッフの優しさに心を打たれ、母と同様に信仰を中心とした生活に入っていく。

 高校卒業後は働きながら信者らと共同生活、祝福献金140万円を払って合同結婚式へ。2歳年下で19歳の韓国人と“祝福結婚”したが、夫のDVに耐えられず娘を連れて離婚。28歳のとき、2度目の祝福結婚をし、韓国の片田舎で新生活を始めるが、待っていたのは過酷な日々だった……。

 10代で入信し、20年を統一教会に翻弄されたカルト2世がつづったノンフィクション手記。献金と教義による支配、日本人であることへの罪悪感の植えつけなど洗脳されていくさまがリアルに伝わる。信者の自己犠牲の上に成り立つカルトの世界が、われわれのすぐ隣に存在していることに改めて恐ろしさを感じる。

(合同出版 1540円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  2. 2
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 3
    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

  4. 4
    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

  5. 5
    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

  1. 6
    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

  2. 7
    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

  3. 8
    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

  4. 9
    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

  5. 10
    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実

    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実