「白バイガール」 佐藤青南著

公開日: 更新日:

 警視庁には女性だけの白バイ隊「クイーンスターズ」がある。女性白バイ隊員約60人から選抜された12人の精鋭からなる交通安全運動やイベントでの走行演技を披露するチームだ。男性白バイ隊員と同じ練習を積み、競技大会でも優れた成績を残すエリートたち。総重量約300キロのバイクを見事に乗りこなす彼女たちは女性白バイ隊員たちの憧れの的だ。

【あらすじ】本田木乃美は、神奈川県警の新米白バイ隊員。島根県出身だが、箱根駅伝を先導する白バイに憧れて神奈川県警に入り、2年後白バイ乗務員養成訓練所への参加が許される。3週間にわたる地獄の訓練に耐え抜き、晴れて白バイ隊員になったのだ。しかし、まん丸な目で愛嬌のある顔、ぽっちゃり体形。おまけに「すみません」を連発するから、違反切符を切ろうにも相手ドライバーからばかにされてしまう。

 一方、同期の川崎潤は違反摘発を何よりも優先し、つい相手の事情を斟酌してしまう木乃美と違って、断固たる態度で取り締まる。着任後3カ月も経っていまだ小道路旋回を一度も成功できていない木乃美と違って、潤のバイクテクニックはずぬけている。

 ある日、潤が暴走バイクを追尾中に、バイクに乗っていた少女が事故を起こして死亡してしまう。潤の目には薬物を飲んでの暴走に見えたが、遺体からは薬物反応が出なかった。責任を感じる潤に対して、木乃美は少女は本当に薬物をやっていなかったのかを調べようと独自で捜査に乗り出すが、そこには思わぬ真相が待ち受けていた──。

【読みどころ】木乃美と潤という対照的な2人の女性白バイ隊員を軸に、白バイ隊員たちの固い絆が描かれていく。シリーズ全6作、木乃美の成長ぶりも楽しめる。 〈石〉

(実業之日本社 652円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ