「MUSICA TEAに教わる 紅茶の楽しみ方」MUSICA TEA監修

公開日: 更新日:

 食事の後や仕事の合間に飲むものといえば、長年コーヒー一択。しかし、某刑事ドラマシリーズの主人公が紅茶をいれるシーンを見るにつけ、興味を引かれていた。そこで手に取ったのが、創業70年の老舗紅茶専門店がおいしい紅茶のいろはを教えてくれるという本書だ。

 量販店で茶葉とティーポットを買ってきて、さっそくやってみた。

 ちょうど魔法瓶にお湯があったが、くみたての水を沸騰させたものをすぐに使うのがよいとのこと。長時間経っていたり再沸騰させたお湯は酸素が少なく、茶葉本来の香りと味が抽出されにくいそうだ。

 水が沸騰したら、まずはティーポットとカップを温めるために一度注いで捨てる。次にティーポットに8グラムの茶葉を入れ、沸騰したてのお湯を360ミリリットル注ぐ。紅茶の本場イギリスには「ポットをケトルに持っていけ」ということわざがあるほど、沸かしたてのお湯を使うのがおいしい紅茶をいれるコツだというので、すぐさま注いだ。ポットに蓋をしたら、ティーコジーと呼ばれる保温カバーをかけ、成分が抽出されるまで5分待つ。そんな専門用具はなかったので、タオルをかけて代用してみた。

 こうしていれた紅茶は、香りが驚くほど華やかで、喉越しの良い渋みが心地よい。紅茶がこんなにうまいとは!

 本書には、ミルクティーやアイスティーのいれ方、茶葉の産地ごとの特徴なども解説されている。

 百貨店などに紅茶の専門店があるが、今はネットでも購入できる便利な時代。栽培地の標高によって味も香りも異なるというスリランカの茶葉をいくつか注文してみた。もっといいティーポットや専門用具も揃えたくなってきた。これから紅茶が趣味になりそうだ! 〈浩〉

(KADOKAWA1760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感