中澤日菜子(作家)

公開日: 更新日:

11月×日 大学2年生の次女が「ツイッターで見て美味しそうだったから」といって、中央アジアの米料理「プロフ」を夕飯に作ってくれる。ピラフに似た料理で、米を豆やマトンと炒め煮にした料理。「うまいうまい」と食べているうちに、中央アジアを舞台にしたコミック「乙嫁語り」の最新刊がそろそろ出ているんじゃないかと気づく。調べてみるとやはり出ていた、最新巻14巻! いそいそと買い求める。

 森薫著「乙嫁語り」(KADOKAWA 792円)は19世紀中央アジアカスピ海周辺の地方都市が舞台の連作コミック。主人公のアミルが山向こう(おそらく今のキルギスあたり)から、ウズベキスタンの町に嫁いでくるところから始まる物語だ。「乙嫁」とは「若い嫁さん」の意味。狩り、羊の放牧、馬競べ、刺繍にパン焼き、部族間の抗争──19世紀中央アジアの生活がいきいきと活写されている。読んでいるうちに、じぶんもその場にいるような感覚にひたれる。最新14巻ではアミルの長兄・アゼルの嫁取りが物語の中心になっている。3年で2冊出るか出ないかというゆっくりめのコミックなので、こちらもゆっくりと味わうように何度も繰り返し読む。

11月×日 「乙嫁語り」に刺激を受け、武田百合子のロシア紀行「犬が星見た」(中央公論新社 990円)を読み返す。武田百合子は「ひかりごけ」で有名な作家・武田泰淳の奥さん。1969年に武田夫妻が参加したシルクロードの旅が記録されている。ちょうど「乙嫁語り」の100年後の彼の地にあたるのではないか。ロシア領となり、コルホーズやソフホーズといった枠組みに入れられたカザフスタンやウズベキスタンのひとびとの日々の生活を、武田百合子という稀有な感性を持った作家が、鋭利な刃物で切り取るように描いていく。未だコロナ禍で(しかも円安)なかなか自由に海外旅行はできないが、もろもろ落ち着いたらぜひ中央アジアに飛んでいきたい--そんな気持ちにさせてくれる2冊である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ