吉村喜彦(作家)

公開日: 更新日:

11月×日 サントリー宣伝部時代にお世話になった岡崎満義さんの新著「葉書に書いた人物スケッチ」(西田書店 880円)を読む。

 岡崎さんは「月刊文藝春秋」編集長や「スポーツグラフィックNumber」創刊編集長をつとめられた。京都大学の先輩でもあり、永年、公私にわたってお世話になっている。

 週刊文春での「山崎」「白州」の企画広告ではさまざまなジャンルの著名人に岡崎さんがインタビューし、玄妙な話をわかりやすい文体で語ってくださった。ぼくは取材に同席しながら、場をなごませる空気の作り方や簡にして要を得た質問など、ひとの話を聞き出す名人技に接することができた。

 コロナ禍で外出のままならない日々。86歳の岡崎さんは、かつて取材した人、先生、有名無名の友人知己のことを葉書1枚に1人ずつ書きためて、奥さま宛にポストに投函した。その葉書の数368枚。幅広い人脈は岡崎さんならでは。一筆書きの人物スケッチが素晴らしい。つねにほんわかした空気が漂い、品のいい笑いにふわっと包まれる。

「大宅壮一さんはゲストの真正面には絶対に坐らない。斜め横に坐った」「長嶋茂雄さんは、I live in Tokyo.の過去形をI live in Edo.と言った」などの逸話もいい。人柄がよくわかるエピソード満載。思わずググってその人を調べて好きになったりする(たとえば詩人の杉山平一さん)。

 おもしろかったのは「雑さん」への葉書。

「雑という字が好きだ。雑誌、雑文、雑談、雑巾、雑感、乱雑…とりわけ雑木林がいい。雑と密とは人間のふるさとと言っていい。ソーシャル・ディスタンスなんぞクソ食らえ、である。雑にこそ人間のぬくもりがある。雑が私を生かしてくれた。これからも雑と生きるつもりだ」

 まさに現代人への希望の言葉だ。肩の力がふーっと抜けていく。この本は岡崎さんご夫妻の住まう湘南のあたたかい光に満ちた1冊だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    大野智「南国リゾートホテル」開業で迫られる “嵐脱退”とジャニーズ事務所退所のXデー

    大野智「南国リゾートホテル」開業で迫られる “嵐脱退”とジャニーズ事務所退所のXデー

  3. 3
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  4. 4
    ウクライナ侵攻11カ月、ロシア正教とも亀裂か…ますます怪しいプーチン氏の精神状態

    ウクライナ侵攻11カ月、ロシア正教とも亀裂か…ますます怪しいプーチン氏の精神状態

  5. 5
    “キムタク信長”のさらなる差別化に2つの壁…岡田准一との「信長カブリ」と「25歳の自分超え」

    “キムタク信長”のさらなる差別化に2つの壁…岡田准一との「信長カブリ」と「25歳の自分超え」

  1. 6
    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

  2. 7
    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

  5. 10
    嵐・二宮和也夫人は西島秀俊長男「超難関小学校合格」でどう動く? 夫人同士は懇意な間柄

    嵐・二宮和也夫人は西島秀俊長男「超難関小学校合格」でどう動く? 夫人同士は懇意な間柄