「『アマゾンおケイ』の肖像」小川和久著

公開日: 更新日:

 こんな凄い女性がいたのかと、ただただ感嘆するしかない。

 20世紀初頭、叔父夫婦とともに13歳でブラジルに移民。2年間の重労働に耐えた後、護身用のピストルを荷物に忍ばせて、開拓村を脱走する。人生は一度しかない、自由に羽ばたきたい、という強い思いに突き動かされていた。

 熊本県八代生まれでブラジル育ち。「アマゾンおケイ」こと小川フサノは、たったひとりで広い世界に歩み出した。サンパウロから日本へ、そして上海へ。ポルトガル語、英語、タイプライター、ダンス。生き抜くために必要なことを懸命に学び、自立できる力を蓄えていった。

 上海で英文速記を学びながらダンスホールで働いていたフサノは、アメリカの若き外交官と運命の恋に落ちる。しかし、身分と人種の壁は高かった。彼は外交官の職を捨てる覚悟でフサノに求婚したが、フサノは身を切る思いで別れを告げた。

 そんなフサノに運命の女神がほほ笑んだ。なんと、上海の慈善宝くじで巨額当せん。それを元手に貸家業、アパート経営を始め、女性実業家として大成功する。外交官仕込みの英語を話し、凜とした淑女の振る舞いが板についたフサノはメディアにも注目され、鎌倉に構えた豪奢な別荘には、そうそうたる人物が出入りした。

 しかし、太平洋戦争は、フサノが築いてきたものを全て奪ってしまう。戦後のフサノは、敗戦の半年前、42歳で産んだ1人息子をシングルマザーとして育てるために生きた。

 その息子、軍事アナリストで作家の小川和久氏が、母の生涯を描いたドラマチックな評伝。歴史の表舞台からこぼれ落ちたいくつもの事実を、途方もない労力をかけて掘り起こし、生前の母が残した言葉を丹念に裏づけた。スケールの大きなドラマを生きた無名の主人公は、息子の筆によって輝き、歴史に刻まれる存在になった。

(集英社インターナショナル 2310円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    妻・小川菜摘はちゃんと帰宅していた? 浜田雅功夫妻に持ち上がる“完全別居報道”に疑問の声

    妻・小川菜摘はちゃんと帰宅していた? 浜田雅功夫妻に持ち上がる“完全別居報道”に疑問の声

  3. 3
    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

  4. 4
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    川口春奈インスタ“超高級腕時計”騒動の余波…庶民キャラがセレブの仲間入りかとファン落胆

    川口春奈インスタ“超高級腕時計”騒動の余波…庶民キャラがセレブの仲間入りかとファン落胆

  2. 7
    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

  3. 8
    ツアー低迷の原因は…“ぬるま湯どっぷり”日本男子プロに欠ける世界への「チャレンジ精神」

    ツアー低迷の原因は…“ぬるま湯どっぷり”日本男子プロに欠ける世界への「チャレンジ精神」

  4. 9
    「夕暮れに、手をつなぐ」評価ガラリ! 広瀬すず“ハイブリッド九州弁”が《クセになる》の声

    「夕暮れに、手をつなぐ」評価ガラリ! 広瀬すず“ハイブリッド九州弁”が《クセになる》の声

  5. 10
    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》