「クロコダイル」トマ・マチュー著、リボアル堀井なみの、コザ・アリーン訳

公開日: 更新日:

 書名からワニの図鑑だと思ったら大間違い。副題に「ワニみたいに潜む日常のハラスメントと性差別、そしてその対処法」と掲げる本書は、男たちをワニに擬人化し、街中で日常的に繰り広げられている男性による性差別やハラスメントをコミック化した証言集なのだ。

 登場するエピソードは、すべて女性たちから寄せられた実体験。

 プールで泳いでいると突然目の前に現れる下半身を露出した「ワニ」。それだけでは終わらず、ワニは逃げる女性を更衣室にまで追いかけてくる。

 ほかにも、女性が尻軽女だと見下して「俺もやらせてよ」と執拗に迫ってくるカフェの店員ワニや、教え子に駅まで送ると言いながら、自宅までついてくる大学教授ワニ、ナンパした女性に拒絶された途端に態度が豹変して「何様だと思っているんだ?」「このブス!」とすごんでくるワニ、高級車に乗って「乗ってかない? 金は払うよ」と声をかけたが相手にされず「そんな服着て、誘ってんだろう!」と毒づくワニなど。

 良識ある男性読者は、衆人環視の公共の場でもこれほどのセクハラが同性により日々行われていること、そして女性たちが日常的にこのような嫌な目に遭っていることに驚くことだろう。

 しかし、取り上げられているエピソードは決して特別なことではない。会社の面接に来た若い女性を同僚たちと「品定め」する会社員ワニや、パートナーに同意を得ずにセックスを始める夫ワニなど、程度の差こそあれ多くの男性が身に覚えがある事例も多数ある。

 こうしたハラスメントや差別に向き合うための戦略や対処法も紹介する。自分は大丈夫と思っている人も、もしかしたら知らずに誰かを傷つけているかもしれない。本書を手引に改めて普段の行動を思い返してみよう。 (かもがわ出版 1980円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感