「水木しげるロード全妖怪図鑑」境港観光協会協力水木プロダクション監修

公開日: 更新日:

 あの妖怪マンガの巨匠の生まれ故郷として知られる鳥取県の境港市。街のメインストリートは「水木しげるロード」と名付けられ、マンガに登場する妖怪ブロンズ像が観光客を楽しませてくれる。

 1993年のオープン当時、「鬼太郎」や「ねずみ男」など23体だった同ロードの妖怪ブロンズ像は、現在では800メートルの間に177体に増殖。

 さらに、25周年を機に、夜間も楽しめるよう全てのブロンズ像がライトアップされるなどの大規模なリニューアルが施され、ますますその魅力を高めている。

 本書は、その水木しげるロードに設置された177体と、鬼太郎フェリーによって境港とつながる隠岐の11体、さらに駅や空港に設置されたものも含め全194体の妖怪ブロンズ像を解説するカラー新書図鑑。

 JR境港駅(鬼太郎駅)に降り立った観光客を出迎えてくれるのはロードの出発点にある「水木しげる先生 執筆中」のブロンズ像。まるで原稿を催促するかのような鬼太郎やねずみ男、目玉おやじに囲まれ執筆に励む巨匠の姿が再現されている。

 駅前広場には、鬼太郎と目玉おやじをはじめ、アメリカの「バックベアード」や中国の「女夜叉」など世界の妖怪6体が集まり会議を開催中(世界妖怪会議)。

 その傍らでは、マンガ「河童の三平」に登場する人気キャラクター「死神」が大好物のスイカをぱくついている。

 水木マンガの2次元の世界から3次元に飛び出したキャラクターたちは、原作のテイストを少しも失うことなく、リアルに再現されている。

 巨匠が亡くなって7年経つが、自らも妖怪の仲間入りをして、この境港の街の中で生きているような錯覚に陥る。

 境港を訪ねる際には本書を忘れずに。

(文藝春秋 1430円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感