北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「ロスト・スピーシーズ」 下村敦史著

公開日: 更新日:

 アマゾンを舞台にした物語だ。がんの特効薬になる幻の植物「奇跡の百合」を見つけるために、探検隊が組織される。リーダーは、アメリカの製薬会社のクリフォード。メンバーはまず、ボディーガード役のロドリゲス(もともとは金の採掘人だ)、植物ハンターのデニス、環境問題に取り組む大学生ジュリア。そして日本人の植物学者・三浦。この5人がアマゾンの奥地に入っていく。

 この手の小説の常套だが、正体不明の2人組が探検隊を追ってくること。この2人が何を狙っているのかがわからないから、サスペンスが盛り上がっていく。さらにメンバーの中にもさまざまな思惑があって、それが衝突すること。舞台がアマゾンなので、アマゾン・ジャガーをはじめとする動物たちが次々に現れて、人間の侵入を阻むように立ち塞がること。定番ながらもこのあたりはしっかりと読ませる。

 本書の特徴は、背景となるブラジルそのものを描いていることで、その貧困層がいかに過酷な現実を生きているかを克明に描いている。19世紀の半ばにゴムが発見されてアマゾンが栄えたこと、やがてイギリス人にゴムの木の種を国外に持ち出しされて東南アジアで栽培されるようになると、アマゾンの独占的地位は失われ、その中心の街マナウスも寂れていくこと。そういう歴史を背景に、人間たちの欲望がぶつかり合う構図を下村敦史は巧みに描きだしている。

(KADOKAWA 2035円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「Snow Manもジャニーズ退所」ガーシー議員“爆弾”予告の信ぴょう性は? キンプリ3人脱退も「知っていた」

    「Snow Manもジャニーズ退所」ガーシー議員“爆弾”予告の信ぴょう性は? キンプリ3人脱退も「知っていた」

  2. 2
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  3. 3
    カナダの女性救命士が延命措置したのは…重傷者が「自分の娘」と気づけなかった残酷な悲劇

    カナダの女性救命士が延命措置したのは…重傷者が「自分の娘」と気づけなかった残酷な悲劇

  4. 4
    松本伊代は落とし穴企画で腰椎圧迫骨折…TV界にはびこる前時代的「いじめ体質」の限界

    松本伊代は落とし穴企画で腰椎圧迫骨折…TV界にはびこる前時代的「いじめ体質」の限界

  5. 5
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  1. 6
    日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

    日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

  2. 7
    妻殺害容疑で逮捕…“老舗酒蔵のボンボン”長野県議の華麗な経歴とセレブ夫婦の複雑な家庭事情

    妻殺害容疑で逮捕…“老舗酒蔵のボンボン”長野県議の華麗な経歴とセレブ夫婦の複雑な家庭事情

  3. 8
    ブラジルの英雄ロベカルを現地で直撃「コスタリカが勝ったんじゃない!日本が負けたんだ!」

    ブラジルの英雄ロベカルを現地で直撃「コスタリカが勝ったんじゃない!日本が負けたんだ!」

  4. 9
    TBS「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキを視聴者が圧倒的に支持! ロイホの回答は?

    TBS「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキを視聴者が圧倒的に支持! ロイホの回答は?

  5. 10
    《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問

    《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問