「羽化 藍にいな作品集」藍にいな著

公開日: 更新日:

 著者は、YOASOBIのデビュー曲「夜に駆ける」をはじめ、山下達郎やHey!Say!JUMPら人気アーティストのミュージックビデオなどを次々と手がけるアニメーション作家。それだけにとどまらず、イラストレーターとしても、広告や本の装画、ファッションコラボなど、幅広く活躍している。

 その著者のこれまでのクライアントワークをはじめ、オリジナルイラストレーションや描き下ろしの最新作などを集成した作品集だ。

 ページを開くと、さまざまなタイプの若い女性のイラストがまず目に飛び込んでくる。

 ある登場人物は、目に涙を浮かべながら、まるで液体の上にいるかのような場所にうつぶせに横たわり、その体の鋭利な刃物で切り付けられた傷口のような亀裂からも緑色の液体が湧き出ている。

 かと思えば怒りなのだろうか、炎を連想させる赤いオーラを背中から噴き出す少女がいる。オーラは天使の羽のようでもある。表紙にもなっているその少女は、こちらをまっすぐな瞳で見つめるが、作中で同じポーズの少女は一転、もの思うような静かな表情で目を閉じ、諦観しているかのようにも見える。

 さらに渋谷や新宿の道端に座っているかのようなファッションでこちらを見上げ、見つめる少女など。どの登場人物も、少女と呼ぶにも、大人の女性と呼ぶにもぴったりとこない不安定さとはかなさを併せ持ち、タイトル通り、羽化する寸前の女性たちなのかもしれない。

 ある程度の年齢を重ねた読者には、その作品にどこか昭和の少女画のテイストを感じるかもしれない。

 しかし、無垢な瞳が印象的なそれらと一線を画すのは、登場人物たちのまなざしだ。静謐な画面とは対照的に、その瞳は多くのことを冗舌に見るものに語り掛けてくる。

 多くのアーティストが著者の作品に魅せられるのも、登場人物の瞳や手などによって語られる感情表現のようだ。

 作品の提供を受けたバンド「マカロニえんぴつ」のはっとり氏は、著者の作品を評して「本物の感動は“貫通”します。体に残るほど鈍くない。だから野暮な理屈や理解を並べる間もなく興奮したり涙が溢れたり、思わず笑っていたりするのです。(中略)藍にいなさんの生み出す感動はそんなイメージです」と本書へのメッセージで語る。

 各ミュージックビデオのアニメーション制作や、キャラクターデザインの過程がわかるメモ書きが入ったラフスケッチや、学生時代の親友同士の久しぶりの再会を描く新作漫画なども収録され、著者の作品世界の現在地に触れられる。

 著者自身もまだ「さなぎの殻の中にいるのか、羽を持って外に飛び出すことが出来たのか、分からない」と語る。きっとこの先も新たな世界や表現を求める著者の「羽化」は何度でも起きることだろう。

(芸術新聞社 3080円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「Snow Manもジャニーズ退所」ガーシー議員“爆弾”予告の信ぴょう性は? キンプリ3人脱退も「知っていた」

    「Snow Manもジャニーズ退所」ガーシー議員“爆弾”予告の信ぴょう性は? キンプリ3人脱退も「知っていた」

  2. 2
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  3. 3
    カナダの女性救命士が延命措置したのは…重傷者が「自分の娘」と気づけなかった残酷な悲劇

    カナダの女性救命士が延命措置したのは…重傷者が「自分の娘」と気づけなかった残酷な悲劇

  4. 4
    松本伊代は落とし穴企画で腰椎圧迫骨折…TV界にはびこる前時代的「いじめ体質」の限界

    松本伊代は落とし穴企画で腰椎圧迫骨折…TV界にはびこる前時代的「いじめ体質」の限界

  5. 5
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  1. 6
    日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

    日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

  2. 7
    妻殺害容疑で逮捕…“老舗酒蔵のボンボン”長野県議の華麗な経歴とセレブ夫婦の複雑な家庭事情

    妻殺害容疑で逮捕…“老舗酒蔵のボンボン”長野県議の華麗な経歴とセレブ夫婦の複雑な家庭事情

  3. 8
    ブラジルの英雄ロベカルを現地で直撃「コスタリカが勝ったんじゃない!日本が負けたんだ!」

    ブラジルの英雄ロベカルを現地で直撃「コスタリカが勝ったんじゃない!日本が負けたんだ!」

  4. 9
    TBS「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキを視聴者が圧倒的に支持! ロイホの回答は?

    TBS「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキを視聴者が圧倒的に支持! ロイホの回答は?

  5. 10
    《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問

    《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問