稲葉稔(作家)

公開日: 更新日:

9月×日 1行どころか1字も書けず、仕事場から退散。自宅に帰ってごろりとなり、結城真一郎著「#真相をお話しします」(新潮社 1705円)をぱらりと開く。現代推理だ。SNSやスマホを使った仕掛けや、布石の打ち方が絶妙。時代物ではできないトリックが面白い。5部構成の短編集で飽きない1作だった。著者の他の作品にも手が伸びそうだ。

9月×日 鈍牛のごとく進まぬ原稿が急に進み出し、いつにない充足感を覚えて仕事場を離れ、行きつけの居酒屋で軽く引っかける。昔から朝方だが、最近はそれに拍車がかかっている。起床はほぼ毎日午前4時。だから寝るのも早い。8時には就寝。

9月×日 所用で実家に帰らなければならないので、しばらく原稿に集中するが、気晴らしも必要だと、ゴルフに出かける。ほとんどが千葉方面。やはり緑多いコースでのラウンドは気分転換になる。

9月×日 帰省準備に追われ仕事できず。それならば資料を読もうと、山下昌也著「実録 江戸の悪党」(学研 858円)をめくる。お岩の祟り話や赤穂浪士にまつわる話、はたまた白子屋お熊が出てくれば、鼠小僧や雲霧仁左衛門、他にも有名人がぞくぞく登場。実在したかどうかあやしい人物もいるが、わたしは歌舞伎演目の主人公白井権八のモデルとなった平井権八の話が気に入った。短気がもとで人を斬り、江戸に出奔し、そこで遊女に惚れ込んで辻斬りを重ねるという話。ただの悪党だが純情な面もあるし、惚れられた遊女とも相思相愛になる。何かに使えそうだなと想像を逞しくした。

9月×日 歳のせいか疲れが抜けない。細谷正充編「家康がゆく」(PHP研究所 924円)を開く。家康のアンソロジー。松本清張の「山師」にいたく感心する。大久保長安は猿楽師から家康に取り立てられ幕府奉行衆の一人になるが、人間というものは今の世も同じで、出世をすれば、欲が出て疑い深くなるということを教えられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

  2. 2
    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

  5. 5
    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

  1. 6
    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

  2. 7
    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

  3. 8
    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

  4. 9
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  5. 10
    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害

    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害