「きれいに逝かせてください 」原啓之、新城拓也、田口ランディ著

公開日: 更新日:

 身近な人が死を迎えるとき、どのように看取ることができるのか。そして、自分自身が逝く時はどのように逝きたいか──。

 本書は、終末医療の在り方を模索する医師・新城拓也氏と家族を看取った経験を持つ作家・田口ランディ氏と、スピリチュアリストの江原啓之氏が、看取ること、看取られることについて語り合った鼎談集だ。

 たとえば新城氏は緩和ケアに携わるなかで、患者さんに穏やかな死を迎えてほしいと願い試行錯誤した経験を、田口氏は介護から看取りまでの期間が子どもの進学の心配と重なった上にお金の心配をした50代のきつかった経験を披露している。また江原氏は、看取る側が臨終に間に合わなかったと悔いたり、私が看取らなければと悲劇のヒロインになって背負いこんだりするのではなく、あくまで逝く人を主人公にした看取りこそ後悔がないのではないかと自身の見解を述べている。

 納得のいく看取りの瞬間を迎えるために、医療が、家族が、そして看取られる側の本人がどんな心構えをしておけばいいのか、誰もが決して避けることのできない死との向き合い方について考えさせられる。

(ホーム社 1540円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「Snow Manもジャニーズ退所」ガーシー議員“爆弾”予告の信ぴょう性は? キンプリ3人脱退も「知っていた」

    「Snow Manもジャニーズ退所」ガーシー議員“爆弾”予告の信ぴょう性は? キンプリ3人脱退も「知っていた」

  2. 2
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  3. 3
    カナダの女性救命士が延命措置したのは…重傷者が「自分の娘」と気づけなかった残酷な悲劇

    カナダの女性救命士が延命措置したのは…重傷者が「自分の娘」と気づけなかった残酷な悲劇

  4. 4
    松本伊代は落とし穴企画で腰椎圧迫骨折…TV界にはびこる前時代的「いじめ体質」の限界

    松本伊代は落とし穴企画で腰椎圧迫骨折…TV界にはびこる前時代的「いじめ体質」の限界

  5. 5
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  1. 6
    日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

    日本の警察官は中国人に人気がある 目線を合わせて職務質問する動画がSNSで拡散

  2. 7
    妻殺害容疑で逮捕…“老舗酒蔵のボンボン”長野県議の華麗な経歴とセレブ夫婦の複雑な家庭事情

    妻殺害容疑で逮捕…“老舗酒蔵のボンボン”長野県議の華麗な経歴とセレブ夫婦の複雑な家庭事情

  3. 8
    ブラジルの英雄ロベカルを現地で直撃「コスタリカが勝ったんじゃない!日本が負けたんだ!」

    ブラジルの英雄ロベカルを現地で直撃「コスタリカが勝ったんじゃない!日本が負けたんだ!」

  4. 9
    TBS「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキを視聴者が圧倒的に支持! ロイホの回答は?

    TBS「ジョブチューン」で酷評されたパンケーキを視聴者が圧倒的に支持! ロイホの回答は?

  5. 10
    《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問

    《自由民主党県議団って記載が抜けてますよ》妻殺害容疑の長野県議逮捕報道に相次ぐ疑問