「脳科学捜査官」真田夏希 鳴神響一著

公開日: 更新日:

 プロファイリングという言葉が日本で一般的に知られるようになったのは、トマス・ハリスの「羊たちの沈黙」(1988年)からだろう。FBIの訓練生であるクラリス・スターリングに獄中にいる精神科医ハンニバル・レクターがプロファイリングの技術を施し、連続殺人事件を解決するというもの。本書も主人公の心理分析官による連続爆弾魔のプロファイリングが物語の軸になっている。

【あらすじ】真田夏希は神奈川県警で初めて心理分析官の職種で採用された特別捜査官。筑波大学大学院で神経科学の博士号を取得。精神科医、臨床心理士を経て神奈川県警に採用され、現在は科捜研に配属される。

 30歳を過ぎて婚活を始め、知人の紹介で横浜のレストランで相手の男性と食事をしていた。警官と知られると引かれてしまうので隠していたのだが、近所で爆発が起こり、捜査に当たっていた同僚に声を掛けられて、バレてしまう。

 翌日、爆発事件のあった高島署に捜査本部が設置され、刑事部長から夏希も捜査本部に参加して犯人像のプロファイリングをするよう命令が下った。犯人は狡猾で、捜査本部をあざ笑うように次々と爆破を予告し実行していく。状況を打開すべく、夏希たちはSNSで犯人との接触を図り、犯人と夏希との熾烈な心理戦が繰り広げられていく──。

【読みどころ】初の現場で戸惑う夏希だが、ひょんなことから犬嫌いの夏希の相棒となる警察犬のアリシアや、融通が利かないながらも頼りになる所轄のベテラン刑事など、周囲のバックアップを得て、犯人に迫っていく。男性とデートしているときも、つい相手の性格を探ろうと心理テストを仕掛けてしまう彼女の恋の行方も気になるところ。 <石>

(KADOKAWA  748円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  2. 2
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  3. 3
    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  1. 6
    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

  2. 7
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

  3. 8
    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

  4. 9
    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

  5. 10
    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点

    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点