「野菜と果物 すごい品種図鑑」竹下大学著

公開日: 更新日:

 かつて秋の食卓にのるブドウといえば、デラウエアとか巨峰だった。それがいつしか、シャインマスカットが主流となり、その後も毎年のように新たな品種が店頭に並ぶ。

 ブドウだけではない。コメなどの主食にはじまり、ありとあらゆる農作物で、新たな品種が続々と登場している。

 そもそもイネもリンゴもジャガイモも、日本の青果コーナーに並ぶ農作物のほとんどは、早いものは縄文時代に、遅いものでは明治以降に持ち込まれたもので、それらを栽培しやすく、そしておいしく改良し続けてきた歴史がある。

 本書は、日本で栽培されている野菜と果物27種類を取り上げ、そのお馴染みの品種から新時代のスター品種、そして個性的な新品種まで、約200品種を紹介する名鑑。

 例えば、国内野菜の生産量1位のキャベツは、18世紀初頭の宝永年間にオランダ人によって導入された。江戸時代は観賞用だったが、洋食文化の普及で家庭の食卓に欠かせない野菜になったという。

 お好み焼きにもなくてはならないキャベツだが、昭和20年に高騰したネギから代替され、現在に至ったらしい。

 そんな歴史ウンチクとともに、秋まき極早生の「金系201号」や、小ぶりで葉がやわらかい「グリーンボール」などの代表品種から、イタリア料理に使われる葉キャベツ「カーボロネロ」や、日本生まれの観賞用キャベツ「ハボタン」などを紹介。

 一方、ビールのお供・エダマメは、実は日本書紀にも登場する希少な日本原産の主要作物で、在来種や新品種が400品種以上もあるそうだ。

 ほかにも、慶長年間の1600年前後にジャカルタ産品種が持ち込まれ、「ジャガタラいも」から呼ばれるようになった「ジャガイモ」など。家庭菜園家や食いしん坊必携本。

(エクスナレッジ 1980円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  2. 2
    篠原涼子の紅白出場にチラつく“組織”の影…歌手活動から遠ざかっていたのにナゼ?

    篠原涼子の紅白出場にチラつく“組織”の影…歌手活動から遠ざかっていたのにナゼ?

  3. 3
    キンプリ平野紫耀の“穴”を埋めるのは…Snow Man目黒蓮はジャニーズ帝国の崩壊を止められるか

    キンプリ平野紫耀の“穴”を埋めるのは…Snow Man目黒蓮はジャニーズ帝国の崩壊を止められるか

  4. 4
    スペインがコスタリカを7-0のフルボッコ! 一方的展開に両国で話題になる「1561」のナゾ

    スペインがコスタリカを7-0のフルボッコ! 一方的展開に両国で話題になる「1561」のナゾ

  5. 5
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  1. 6
    巨人ドラ1・浅野翔吾に即戦力の期待高まるが…“余裕ゼロ・育成下手”指揮官の下では「来期二軍塩漬け」か

    巨人ドラ1・浅野翔吾に即戦力の期待高まるが…“余裕ゼロ・育成下手”指揮官の下では「来期二軍塩漬け」か

  2. 7
    コスタリカはスペインに大惨敗でも侮れず 日本戦は5バック予想、こじ開けるのは至難のワザ

    コスタリカはスペインに大惨敗でも侮れず 日本戦は5バック予想、こじ開けるのは至難のワザ

  3. 8
    安倍元首相国葬「弔問外交」の成果はたった1件! 岸田首相“おこだわり”無駄に終わっただけ

    安倍元首相国葬「弔問外交」の成果はたった1件! 岸田首相“おこだわり”無駄に終わっただけ

  4. 9
    松本剛明新総務相もう「カネと爆睡」で批判の嵐! 緊急登板で“政権短命”のジンクス繰り返すのか

    松本剛明新総務相もう「カネと爆睡」で批判の嵐! 緊急登板で“政権短命”のジンクス繰り返すのか

  5. 10
    FA宣言の日ハム近藤をめぐりパ5球団熾烈争奪戦! 札束積んでも欲しい「選球眼」と「守備力」

    FA宣言の日ハム近藤をめぐりパ5球団熾烈争奪戦! 札束積んでも欲しい「選球眼」と「守備力」