「『死刑になりたくて、他人を殺しました』」インベカヲリ★著

公開日: 更新日:

 2021年10月、京王線車内で映画「ジョーカー」の主人公のコスプレをした男がサバイバルナイフで乗客に切りつけ、車内に放火した。動機は「2人以上殺して死刑になりたかった」から。

 秋葉原無差別殺傷事件(08年)や東海道新幹線車内殺傷事件(18年)などがすぐに思い浮かぶように、近年、死刑になるために事件を起こす無差別殺傷犯が目立っている。彼らはなぜ自殺ではなく、殺人を選んだのか。

 この問いに向き合ってきた10人が著者のインタビューに応じた。

 犯人の友人、死刑囚に寄り添う人、加害者の家族を支援する人、研究者らが、それぞれの視点で語っている。

 人々に無視され、ひっそり死ぬくらいなら、大勢の人に、憎まれて死にたい。そのほうが救いになる、そういうことではないのか(教誨師)。

 人を巻き込んで踏ん切りをつける。アメリカの銃乱射が、日本の拡大自殺に当たるのでは(社会学者)。

 無差別殺傷犯は事件前から自殺未遂を繰り返していることが多い。逆に言えば、死に切れない意気地なし(刑務官)。

 自殺と殺人は表裏一体。日本は犯罪数が少ない安全な国だが、15歳から39歳の死因の1位が自殺という事態は、犯罪が少ないことの裏返しなのかもしれない。自殺や殺人に至らないまでも、生きづらさを抱えて何とか踏みとどまっている人が水面下に無数にいると思うと怖くなる。健全な社会ではない。

 加害者家族支援を行っている人は、「世界的に見て、日本は最も加害者家族が生きづらい国」と感じている。転居するなら多様性に寛容な大都市を勧めるという。

 一見自由なようで、実は狭い世間の常識や同調圧力にがんじがらめ。生きづらさが絶望や怒りを生む。普通に生きている「私たち」と、やってしまった「彼ら」は、紙一重なのかもしれない。

(イースト・プレス 1870円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  2. 2
    篠原涼子の紅白出場にチラつく“組織”の影…歌手活動から遠ざかっていたのにナゼ?

    篠原涼子の紅白出場にチラつく“組織”の影…歌手活動から遠ざかっていたのにナゼ?

  3. 3
    キンプリ平野紫耀の“穴”を埋めるのは…Snow Man目黒蓮はジャニーズ帝国の崩壊を止められるか

    キンプリ平野紫耀の“穴”を埋めるのは…Snow Man目黒蓮はジャニーズ帝国の崩壊を止められるか

  4. 4
    スペインがコスタリカを7-0のフルボッコ! 一方的展開に両国で話題になる「1561」のナゾ

    スペインがコスタリカを7-0のフルボッコ! 一方的展開に両国で話題になる「1561」のナゾ

  5. 5
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  1. 6
    巨人ドラ1・浅野翔吾に即戦力の期待高まるが…“余裕ゼロ・育成下手”指揮官の下では「来期二軍塩漬け」か

    巨人ドラ1・浅野翔吾に即戦力の期待高まるが…“余裕ゼロ・育成下手”指揮官の下では「来期二軍塩漬け」か

  2. 7
    コスタリカはスペインに大惨敗でも侮れず 日本戦は5バック予想、こじ開けるのは至難のワザ

    コスタリカはスペインに大惨敗でも侮れず 日本戦は5バック予想、こじ開けるのは至難のワザ

  3. 8
    安倍元首相国葬「弔問外交」の成果はたった1件! 岸田首相“おこだわり”無駄に終わっただけ

    安倍元首相国葬「弔問外交」の成果はたった1件! 岸田首相“おこだわり”無駄に終わっただけ

  4. 9
    松本剛明新総務相もう「カネと爆睡」で批判の嵐! 緊急登板で“政権短命”のジンクス繰り返すのか

    松本剛明新総務相もう「カネと爆睡」で批判の嵐! 緊急登板で“政権短命”のジンクス繰り返すのか

  5. 10
    FA宣言の日ハム近藤をめぐりパ5球団熾烈争奪戦! 札束積んでも欲しい「選球眼」と「守備力」

    FA宣言の日ハム近藤をめぐりパ5球団熾烈争奪戦! 札束積んでも欲しい「選球眼」と「守備力」