「Believe It 輝く準備はできてるか」ジェイミー・カーン・リマ著/森田理沙訳 東洋経済新報社

公開日: 更新日:

 1977年生まれの著者は、自宅のリビングでつくった化粧品会社「イットコスメティックス」を米国最大級の高級化粧品会社に育て上げた。その後、ロレアルに12億ドルで売却し、100年超の歴史を誇る同社ブランド初の女性CEOに就任。フォーブス誌による「自力でもっとも稼いだアメリカ人女性」にも選ばれた。

 彼女は「酒さ」という顔に赤みやほてりが出る病気を発症。自社のコンシーラー(クマやシミを隠す化粧品)を使えば、それを見事に隠せることをアピールしたかった。通販番組QVCでどう表現するか。著者の強い意志と、PRの定説を疑う様が描かれている。テレビ通販関連のコンサルタントからはこう助言されたという。

〈うまくやる唯一の方法(中略)非の打ち所がない美肌のモデルを使うこと〉

 これに対し著者は「非の打ち所がない美肌の人にコンシーラーを使う意味って何ですか?」「私みたいな肌トラブルを抱える人がそれを見た時、この商品は自分に効果があるって、どうしてわかるんですか?」「(視聴者が70歳女性だとして)20歳の子が商品を使うのを見て、自分に効果があるかどうかなんてわかりませんよね」と反論する。

 正論である。その上で、「私の顔を覆う真っ赤な酒さをさらけ出し、すっぴんの状態で出る」とも主張。当然、コンサルは反対した。

 本番当日、著者はすっぴんで登場し「使用前・使用後」の写真を紹介。その結果、会社の存亡をかけた6000個のコンシーラーが売れ、さらには追加で3000個の発注が来た。ここから著者の快進撃が始まり、前出の通りの売却益を得て、大金持ちになったのだ。

 さらには憧れのテレビ司会者オプラ・ウィンフリーの自宅に招かれるという体験をした。彼女のインスタグラムにはその時の写真も掲載されている。

 本書では著者の数々の挫折やコンプレックス、冷遇された経験が描かれ、それを本人の努力と周囲の協力、素晴らしい人々との出会いで乗り切り、果てには大成功する様が次々と描かれる。それはまるでおとぎ話のようで、読者は大いに励まされるだろう。

 とはいえ、全編にわたってドラマチック過ぎるし、アカデミー賞の前夜祭に参加したことなど、自慢話だらけなのが若干鼻についてくる。さらに男性にとっては各種化粧関連用語が一体何なんだか分からない。私は「コンシーラー」さえ何だか分からなかったが女性にとっては胸躍る本だしビジネスの「波」の掴み方を知る上では万人に役立つ。野心家女性にぜひ推薦を。 ★★(選者・中川淳一郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  2. 2
    篠原涼子の紅白出場にチラつく“組織”の影…歌手活動から遠ざかっていたのにナゼ?

    篠原涼子の紅白出場にチラつく“組織”の影…歌手活動から遠ざかっていたのにナゼ?

  3. 3
    キンプリ平野紫耀の“穴”を埋めるのは…Snow Man目黒蓮はジャニーズ帝国の崩壊を止められるか

    キンプリ平野紫耀の“穴”を埋めるのは…Snow Man目黒蓮はジャニーズ帝国の崩壊を止められるか

  4. 4
    スペインがコスタリカを7-0のフルボッコ! 一方的展開に両国で話題になる「1561」のナゾ

    スペインがコスタリカを7-0のフルボッコ! 一方的展開に両国で話題になる「1561」のナゾ

  5. 5
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  1. 6
    巨人ドラ1・浅野翔吾に即戦力の期待高まるが…“余裕ゼロ・育成下手”指揮官の下では「来期二軍塩漬け」か

    巨人ドラ1・浅野翔吾に即戦力の期待高まるが…“余裕ゼロ・育成下手”指揮官の下では「来期二軍塩漬け」か

  2. 7
    コスタリカはスペインに大惨敗でも侮れず 日本戦は5バック予想、こじ開けるのは至難のワザ

    コスタリカはスペインに大惨敗でも侮れず 日本戦は5バック予想、こじ開けるのは至難のワザ

  3. 8
    安倍元首相国葬「弔問外交」の成果はたった1件! 岸田首相“おこだわり”無駄に終わっただけ

    安倍元首相国葬「弔問外交」の成果はたった1件! 岸田首相“おこだわり”無駄に終わっただけ

  4. 9
    松本剛明新総務相もう「カネと爆睡」で批判の嵐! 緊急登板で“政権短命”のジンクス繰り返すのか

    松本剛明新総務相もう「カネと爆睡」で批判の嵐! 緊急登板で“政権短命”のジンクス繰り返すのか

  5. 10
    FA宣言の日ハム近藤をめぐりパ5球団熾烈争奪戦! 札束積んでも欲しい「選球眼」と「守備力」

    FA宣言の日ハム近藤をめぐりパ5球団熾烈争奪戦! 札束積んでも欲しい「選球眼」と「守備力」