「動物のペニスから学ぶ人生の教訓」E・ウィリンガム著 的場知之訳

公開日: 更新日:

「ペニスの話題ほどクリックを集めるものはない」という著者によるサイエンス読本。脊椎動物から節足動物、軟体動物まで、さまざまな生殖器研究の事例を紹介する。

 メスのありとあらゆる場所に突き刺すウミウシ。一部のクモは、触肢の皮下注射針のような部分をメスの生殖器に挿入するが、その先端に精子を充填する前からメスに何度も「フェイント」で挿入するという。また2種のムシクイにはほかの鳥は持たない挿入器がある。繁殖期にだけ現れるが、精子を配偶相手の体内に輸送する働きをするので、ペニスだと言って問題ない。

 こうした多種多様な挿入器は、物理的に同種の配偶相手を選ぶためのメカニズムとして進化したというのが通説だった。しかし、この「生殖器のフィット」という前提が、どちらかを調べれば事足りるとの思い込みを生み、オスの生殖器研究への偏りを生み出したと指摘する。進化生物学における繁殖の成功は「適者生存」の指標の一つであるが、適者が「もっとも強い者、勝者」と誤解されたことで、あらゆる結果を正当化するのにも使われてきたのだ。

 動物たちの交尾行動やその進化をたどりながら、現代にはびこる男根幻想について考察する。

(作品社 2970円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

    ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

  2. 2
    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

    極楽とんぼ山本圭壱はなぜ16年も干されている? “31歳差電撃婚”話題も地上波出演ゼロの不可解

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

    社会学者・宮台真司氏はなぜ襲撃されたのか? 安倍元首相銃撃事件で展開したメッセージ

  5. 5
    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

    秋篠宮さま会見に「話を控えて」と釘さす異例事態 “そっとして…”が眞子さんの切なる願いか

  1. 6
    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

    “ヘイトの見本市”杉田水脈政務官薄ら笑いでデタラメ答弁連発!挑発40分“面の皮”に慄然

  2. 7
    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

    やっぱりシブコ頼み…国内女子ゴルフ「数字」で見る“渋野日向子効果”

  3. 8
    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

    自動車メーカー黒字決算の一方でディーラーが倒産危機…顧客のつなぎ留めにあっぷあっぷ

  4. 9
    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

    ジャニーズ“次の震源地”はキスマイか…2大音楽祭を外され、数人の脱退説に現実味

  5. 10
    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害

    32アンダーの新記録が飛び出す国内男子の“裏事情”…世界基準とかけ離れた会場選びの弊害