北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「ぼくらに嘘がひとつだけ」綾崎隼著

公開日: 更新日:

 将棋小説である。いろいろと読みどころの多い小説だが、ここでは長瀬厚仁の若き日を描くパートを取り上げておきたい。

 厚仁が史上最年少の高校1年生として三段リーグに挑戦したとき、年上の親友である国仲遼平も三段リーグで最後のチャンスを迎えていた。奨励会には「満26歳の誕生日を含むリーグ戦終了までに四段になれなかった場合は退会となる」というルールがある。最終日の18局目に、厚仁と国仲遼平の対局が予定されていた。

 そしてその最終日、「絶対に手加減しないでくれ。もしも最後になるのなら、その相手は友達がいいんだ」と遼平は言う。で、遼平は奨励会から去っていくことになるのだが、このあとの展開がいい。

 奨励会退会から8年後、アマチュア将棋界の星となった国仲遼平に、プロ編入試験の道が開かれるのである。条件はいくつかあるのだが、その最後の対局で国仲遼平を破るのは、厚仁の父である長瀬泰典六段だ。国仲遼平の夢を、結果として2代にわたる長瀬家がつぶすことになる。その直後、国仲遼平から呼び出された厚仁が会いに行くと──-という展開になるが、このあとは書かないでおく。

 実はこの小説、主人公は厚仁の息子である長瀬京介である。その父親厚仁や、年上の親友・国仲遼平は、京介のドラマの背景に登場する人物にすぎない。つまり膨大な数の人物が登場する小説なのだ。しかし個人的には、厚仁のドラマがいちばん好き。

 (文藝春秋 1760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  2. 2
    篠原涼子の紅白出場にチラつく“組織”の影…歌手活動から遠ざかっていたのにナゼ?

    篠原涼子の紅白出場にチラつく“組織”の影…歌手活動から遠ざかっていたのにナゼ?

  3. 3
    キンプリ平野紫耀の“穴”を埋めるのは…Snow Man目黒蓮はジャニーズ帝国の崩壊を止められるか

    キンプリ平野紫耀の“穴”を埋めるのは…Snow Man目黒蓮はジャニーズ帝国の崩壊を止められるか

  4. 4
    スペインがコスタリカを7-0のフルボッコ! 一方的展開に両国で話題になる「1561」のナゾ

    スペインがコスタリカを7-0のフルボッコ! 一方的展開に両国で話題になる「1561」のナゾ

  5. 5
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  1. 6
    巨人ドラ1・浅野翔吾に即戦力の期待高まるが…“余裕ゼロ・育成下手”指揮官の下では「来期二軍塩漬け」か

    巨人ドラ1・浅野翔吾に即戦力の期待高まるが…“余裕ゼロ・育成下手”指揮官の下では「来期二軍塩漬け」か

  2. 7
    コスタリカはスペインに大惨敗でも侮れず 日本戦は5バック予想、こじ開けるのは至難のワザ

    コスタリカはスペインに大惨敗でも侮れず 日本戦は5バック予想、こじ開けるのは至難のワザ

  3. 8
    安倍元首相国葬「弔問外交」の成果はたった1件! 岸田首相“おこだわり”無駄に終わっただけ

    安倍元首相国葬「弔問外交」の成果はたった1件! 岸田首相“おこだわり”無駄に終わっただけ

  4. 9
    松本剛明新総務相もう「カネと爆睡」で批判の嵐! 緊急登板で“政権短命”のジンクス繰り返すのか

    松本剛明新総務相もう「カネと爆睡」で批判の嵐! 緊急登板で“政権短命”のジンクス繰り返すのか

  5. 10
    FA宣言の日ハム近藤をめぐりパ5球団熾烈争奪戦! 札束積んでも欲しい「選球眼」と「守備力」

    FA宣言の日ハム近藤をめぐりパ5球団熾烈争奪戦! 札束積んでも欲しい「選球眼」と「守備力」