「ローカル鉄道がゆく」K&Bパブリッシャーズ編集部編

公開日: 更新日:

 全国のローカル鉄道は、従来の人口減少に加え、コロナ禍による外出自粛で、より一層の窮地に立たされ、各地で廃線の危機にある。また近年では、災害の被害に遭い、バス運行への転換が進む路線や、再開時期が未定のまま不通が続く路線も増えている。

 もともと、都市部から離れた地域を通るローカル鉄道は、1日に3~4本しか走らない路線もあるなど、乗客も少なく、閑散としており、多くは赤字だ。しかし、それゆえに沿線は豊かな自然に恵まれ、車窓からの眺めはとびきりの絶景、さらに方言で交わされる車内の会話や、地域色豊かな駅舎など、それぞれの土地の日常が感じられ、旅情を誘う。

 本書は、そんな魅力が詰まった全国各地のローカル鉄道を紹介する写真集。第1章は「花と列車」と題し、沿線に咲き乱れる花々とローカル鉄道とのコラボレーション写真が並ぶ。

 佐賀県の「松浦鉄道西九州線」の浦ノ崎駅では、昭和5(1930)年の駅開業当時から地域住民が育ててきたソメイヨシノが桜のトンネルをつくり出している。

 他にも、築堤を埋め尽くす菜の花に染まったかのようにクリーム色の車体に青いラインが映えるJR日田彦山線(福岡県)や、夜空に輝く星をイメージしたかのような青い車体が白やピンクが織り成す芝桜の絨毯の上を進む北海道「道南いさりび鉄道」の「ながまれ号」、一面に白い花が咲き誇るソバ畑に黄色い車体がよく映える三重県の「三岐鉄道三岐線」、そして富山県の「あいの風とやま鉄道」では、行く手の片側に名産のチューリップ畑、そして反対側は残雪の立山連峰の大パノラマが楽しめる。

 ここまでページを繰っただけで、もう、どこかへ旅に出かけたくなる。

 続く章では「鉄橋を渡る」ローカル鉄道が登場。

 福島県のJR只見線では、土地でよく見られる桐の花に由来する薄紫色にペイントされた第一只見川橋梁の美しいアーチが川霧に包み込まれ、幻想的な風景をつくり出している。

 はちみつ色にそまった夕焼けの中、カーブを描きながら長さ716メートルもの橋を渡っていく井原鉄道井原線(岡山県)や、大洲城が見下ろす肱川を渡るJR予讃線(愛媛県)など、日本の風景にローカル鉄道はよく似合う。

 また、中国山地を縦断する途中、まるで森の中から顔を出すかのように現れたJR木次線(島根県)などのトンネルとローカル鉄道をはじめ、雪で覆われた北アルプスの巨大な山塊が背後に迫るJR大糸線(長野県)などの雪景色、そしてノスタルジーをかきたてる駅舎や、海の近くを走る路線まで。

 惜しまれつつ引退してしまった車両の雄姿も含め、100余両のローカル鉄道のベストショットを収録。

 もう二度と合えなくなる前に、そして乗れなくなる前に、行かなくては。

(K&Bパブリッシャーズ 1870円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

  2. 2
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  3. 3
    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

  4. 4
    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    今オフも早期引退に追い込まれるプロ野球選手続出で…選手会の言い分は?

    今オフも早期引退に追い込まれるプロ野球選手続出で…選手会の言い分は?

  2. 7
    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

    サッカーW杯「解説力」は本田圭佑の圧勝! NHK解説陣が束になっても勝てない臨場感

  3. 8
    デビュー30周年の瀬戸朝香に「工藤静香化」の懸念 出過ぎるジャニーズ妻は嫌われる?

    デビュー30周年の瀬戸朝香に「工藤静香化」の懸念 出過ぎるジャニーズ妻は嫌われる?

  4. 9
    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

    「ロス疑惑」元被告人・三浦和義氏が無実の訴え「検事自身が2人組の犯人の目撃者に会い調書も取っていた」

  5. 10
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂